“I want to throw my husband away.” What is the AI answer? /「夫を捨てたい」 AIの回答は?

emimaru English
“I want to throw my husband away.” What is the AI answer ? /「夫を捨てたい」 AIの回答は?

“I want to throw my husband away.” What is the AI answer? (English Script)

AI has become a part of our daily lives.

Today I will introduce four topics about AI that I was interested in.

The first topic is “Bullying prediction analysis system” to reduce bullying in schools.

Seven local governments, including Saitama City, are considering the introduction of this AI system. 

AI analyzes historical data and displays the risk of bullying as a percentage.

It’s a shame for us that AI discovers the human problem of bullying, but experts are calling for its introduction into schools where labor shortages continue.

The next topic is that English conversation apps that use AI are popular. 

It is a service that chats or voice talks with AI. 

I often see advertisements for these services recently. 

The sales fliers say, “You’re not embarrassed if you make mistakes because you don’t talk to people.”  

This is a sales flier that seems to be received by Japanese people.

Personally, I think it’s more fun to talk to humans.

Next is a topic that many companies are developing AI robots to talk to the elderly.

It is expected that conversations with AI will not only prevent dementia but will also trigger a review of the lifestyle of the elderly and lead to the prevention and detection of illness.

You might think it’s not heartwarming to talk to AI, but there are some pretty robots like this ZUKKU, for example. 

You can easily connect to the cloud with a single switch.

It is very important for the elderly to use technology easily, isn’t it?

Japan is now facing an aging population and many caregivers are experiencing fatigue problems so the use of AI can reduce the burden on long-term caregiving. 

If AI is used more widely as a conversation partner for the elderly, it will be possible for family members and care staff to allocate the time spent talking to the elderly to other times such as housework and their job.

It can be stressful to talk to the elderly for a long time even if they are family.  

Also for elderly people, they can talk to pretty AI robots as much as they like so they don’t have to hesitate anymore. 

The last topic is about advice from AI.

The chat service managed by Yokohama City on its website became a hot topic. When you enter the kind of garbage you want to throw away on the chat box, the AI ​​mascot “E-o” will teach you how to throw it away.

If you enter “husband” here, you will get the following answer.

“Armand Salacrou said that humans get married due to lack of judgment, divorce due to lack of patience, and remarriage due to lack of memory. Why don’t you train your patience?”

Actually, it seems that the staff of Yokohama City thought about this answer. 

When he analyzed the search words, he found that many non-garbage items such as “husband” and “wife” were searched. 

So he came up with the idea of answering these questions as well.

In addition, it seems to be searched for the word “life” “love” “boss” “dream” and so on.

I have introduced four topics about AI. What do you think about it?  

I will continue to introduce more interesting topics. 

「夫を捨てたい」 AIの回答は?(日本語訳)

私たちの身の回りにあふれるようになったAI。

今回は私が気になったAIに関するニュースを4つ紹介します。

まず、学校のいじめを減らすための「いじめ予測分析システム」の話題です。

さいたま市など7自治体がいじめ予測分析システムの導入を検討しています。AIが過去データを分析し、いじめが深刻化するリスクをパーセントで表示します。

いじめという人間の問題をAIに発見されるのは情けないことですが、専門家は人手不足が続く教育現場への導入を呼びかけています。

次は、AIを使った英会話アプリが人気という話題です。

AIとチャットや音声で会話するサービスで、最近ネット広告でよく見かけるようになりました。

どのサービスも「AIが相手だから間違えても恥ずかしくない」といういかにも日本人受けしそうなセールスコピーです。

私個人的には、人間と会話した方が楽しいと思いますが…。

次は、老人の話し相手にAIを活用しようと多くの企業が研究している話題です。

老人がAIと会話をすることで認知症の予防になるだけでなく、老人の生活習慣を見直すきっかけになったり、病気の予防や発見にもつながると期待されています。

AIと会話するなんて温かみがないと思うかもしれませんが、例えばこのZUKKUのように見た目が可愛らしいものもあります。

スイッチ1つで簡単にクラウドと通信できます。このように使い方が簡単なことは、老人にとって重要ですよね。

ハタプロ・ロボティクス社製

少子高齢化が進み、「介護疲れ」という言葉が生まれる日本において、AIの活用は介護をする側の負担も減らせます。

老人の話し相手としてAIがもっと広く活用されれば、家族や介護スタッフが老人との会話にあてていた時間を家事や仕事など他の時間に割り当てることができるようになります。

家族であっても長い時間老人の話し相手をするのはストレスになります。老人にとってもAIが相手なら相手を気遣うことなく好きなだけおしゃべりできます。

最後は、AIの珍解答についてです。

横浜市がホームページで公開しているチャットサービスが話題になりました。

チャット画面に捨てたいゴミの名前を入力すると、AIマスコットの「イーオ」が捨て方を教えてくれるサービスです。

ここに「夫」と入力すると、以下のような回答が出てきます。

「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」ってアルマン・サラクルーは言っていたよ。忍耐力を鍛えてみたらどうかな。

実は、この回答を考えたのは横浜市の職員なんだそうです。

検索単語の分析をしたところ、「夫」や「嫁」などゴミではないものも多く検索されていたそうです。それで、これらの質問にも答えるというアイデアが出たのです。

他にも捨てたいものに、「人生」「愛」「上司」「夢」などが検索されるそうです。

以上、AIに関するニュースを4つを紹介しました。

いかがでしたか?また面白いニュースがあれば紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました