2020 Ranking of Best-Selling Products in Japan / 2020年ヒット商品ランキング

emimaru English
2020 Ranking of Best-Selling Products in Japan / 2020年ヒット商品ランキング

2020 Ranking of Best-Selling Products in Japan (English Script)

How did this year go for you?

In the time 2020 was coming, no one could have imagined that 3 months later, we would be forced to live in such a difficult situation.

The postponement of the Tokyo Olympics was announced in March, and a state of emergency was declared by the government in April.

It was a year in which consumption for eating out, traveling, watching sports, etc. decreased significantly, and on the other hand, consumption for living a fulfilling life at home increased.

“Best 30 hit products in 2020” announced by Nikkei Trendy and Nikkei Cross Trend.

It is evaluated and ranked on the 3 points of “sales,” “new ideas,” and “influence on society.”

Today, let me introduce the top 10 of them.

What is the reason for hitting the ranked products and services?

NO.10 Gokiburi-muendar 

It is a spray-type cockroach insecticide.

This is not a type that sprays directly onto cockroaches.

You just spray into the air in the room several times.

Not only is it very easy to use, but it has also become popular because the spray does not stain the room.

In addition, the safety of the product was also a factor in the hit.

You can use it even with pets and children in the room.

NO.9 Kyokara-Orewa

This is a movie based on a manga and the box office revenue has exceeded 5 billion yen.

Many popular actors and actresses act in this movie.

It is a youth story of bad boys and a comedy that can be enjoyed by all ages.

NO.8 Shupatto

This is a fashionable and useful eco bag.

It became popular because it is easy to fold and the cumulative total of the series exceeded 7 million items. 

In Japan, plastic shopping bags, which had been free before, have been charged since July to reduce plastic waste.

As a result, many people have come to carry their own eco-bags instead of using plastic shopping bags.

NO.7 Mobile order

This service allows you to order food in advance by using your smartphone or tablet. 

Our lifestyle has been changing with the spread of the COVID-19 infection, so purchasing methods of contact-avoidance and take-out have increased demand.

NO.6 AirPods pro

This is an Apple wireless earphone.

Not only good sound quality but also sophisticated design and top-quality noise-canceling function are popular.

Also, many review sites say, “It’s very light enough to forget that I’m wearing earphones.” 

NO.5 Lemon-Dou

This is lemon sour which is Coca-Cola Japan’s first liquor product.

In the market of Lemon Sour product, which already has a lot of hot sellers, it was a latecomer but took the top spot.

It’s a bit more expensive than other lemon sours products, but the tendency to spend money on drinking at home seems to have boosted this hit because we can’t go out to drink.

Currently, 4 types with different alcohol strengths of 3, 5, 7, and 9% are on sale.

NO.4 ZOOM

This is now an indispensable video conferencing system.

Aside from work, many people use it for English lessons, exercise, various seminars, and even online drinking parties.

And the sales have exceeded 10 billion yen.

Even after COVID-19 ends, we are likely to use the conferencing system as the standard all over the world.

NO.3 Atsumare-Dobutsunomori

It is a Nintendo game software and is often called “Atsumori” for short. 

It recorded an exceptional hit with sales of 5 million units in about 3 months.

“Atsumare-Dobutsunomori (Animal Crossing)” has a unique system where multiple players can live in the same “village” on the game.

It seems that it caught the hearts of players who want to communicate with others even in the COVID-19 situation.

NO.2 Mask

Masks are definitely one of the best-selling items of this year not only in Japan but around the world.

In Japan, it has grown rapidly to a 500 billion yen market. 

Mask and related products market has become a big market by entering various manufacturers.

It’s now completely necessary to wear a mask and it’s hard to find someone who isn’t wearing a mask outside.

NO.1 Kimetsu No Yaiba (Demon slayer)

It is a manga with a cumulative circulation of over 100 million books. 

And it has become a movie. 

Related products of this manga are also selling well, and it has become an unprecedented boom. 

The reason for the hit is that many people empathize with the hero and his friends who make efforts to save his sister. 

They encourage us who live in this difficult time. 

By the way, in Japan, dramas and movies based on manga are often hit.

I introduced the top 10 hit products.

Originally there were masks and video conferencing systems, but this year they have been in the limelight.

At the same time, a number of products have appeared that enrich our lives and our hearts with this depressing situation. 

When I checked these hit products, I found that people need peace of mind, healing, and hope.

2020年ヒット商品ランキング(日本語訳)

今年はあなたにとってどんな1年でしたか?

2020年を迎えた時は、3カ月後にこれほど困難な生活を余儀なくされるとは、誰も想像すらできなかったでしょう。

3月に東京五輪が延期が発表され、4月には緊急事態宣言が政府から発令されました。

外食や旅行、スポーツ観戦などの消費が著しく減った一方で、自宅で充実した生活を送るための消費が増えた1年でした。

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」。

「売れ行き」「新規性」「影響力」の3点で評価され、ランキングされています。

今回はその中からトップ10を紹介します。

ランキングされた商品やサービスの「ヒットした理由」は何なのでしょうか?

【10位】ゴキブリムエンダー

スプレータイプのゴキブリ駆除剤です。

これはゴキブリに直接噴射するタイプではなく、部屋の空気中に何度か噴霧するだけです。

使い方が非常に簡単なだけでなく、スプレーで部屋が汚れないために人気となりました。

また、ペットや子どもがいても使用できる安全性もヒットの要因となりました。

【9位】今日から俺は!!劇場版

漫画を原作とした映画で、興行収入50億円を突破しました。

この映画には人気の俳優・女優が多く出演しています。

不良少年たちの青春物語で、どんな世代の人たちでも楽しめるコメディです。

【8位】Shupatto

これはおしゃれで使いやすいエコバッグです。

簡単に畳めることで人気となり、シリーズ累計で700万個を突破しました。

日本ではプラスティックゴミ削減のため、7月からこれまで無料だったレジ袋が有料になりました。

そのため、多くの人がレジ袋を使わずに自分のエコバッグを持つようになりました。

【7位】モバイルオーダー

店舗の商品をスマートフォンやタブレットから事前に注文できるサービスです。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生活スタイルの変化により、接触を避ける購買方法やテイクアウトへの需要が高まりました。

【6位】AirPods Pro

アップル社のワイヤレスイヤホンです。

音質の良さだけでなく、洗練されたデザインと最高品質のノイズキャンセリング性能が人気です。

また、「イヤフォンを付けていることを忘れるほど軽い」と、多くのレビューサイトに書かれてあります。

【5位】檸檬堂

日本コカ・コーラ社初の酒類商品です。

すでにたくさんの売れ筋があるレモンサワーという市場で、後発ながらトップの座を射止めました。

他のレモンサワーよりも少し価格が高いのですが、外へ飲みに行けない分、家での飲酒にお金を使う傾向がこのヒットを後押ししたようです。

現在、3、5、7、9%とアルコール度数が違う4種類が発売されています。

【4位】ZOOM

今や不可欠となったビデオ会議ツールです。

仕事だけでなく、英会話やヨガのレッスン、各種のセミナー、さらにはオンライン飲み会などに使う人も続出し、売り上げ100億円を突破しました。

コロナが収束した後にもZoomなどのシステムの使用は、世の中のスタンダードになりそうです。

【3位】あつまれどうぶつの森

任天堂のゲームソフトで、略して「あつ森」と呼ばれることも多いです。

約3カ月で500万本を売り上げた異例のヒットを記録しました。

「あつまれ どうぶつの森」は、同じ「村」に複数のプレーヤーが住めるという珍しい設定です。

コロナ禍でも他者とコミュニケーションしたいプレイヤーの心を掴んだようです。

【2位】マスク

マスクは日本だけでなく、世界中でも今年最も売れたアイテムでしょう。

日本では5000億円市場に急成長しました。

様々なメーカーがマスク本体や関連商品に参入する一大市場になっています。

マスクを装着するのはすっかり「マナー」となっており、外出中にマスクをしていない人を見つけるのは困難です。

【1位】鬼滅の刃

累計発行部数1億部突破した漫画で、映画にもなりました。

関連商品もよく売れ、前代未聞ブームとなっています。妹を救うために努力を続ける主人公と仲間たちに多くの人が共感したことがヒットの要因でしょう。

登場人物たちにこの困難な時を生きる多くの人たちが勇気づけらました。

それにしても、日本では漫画を原作としたドラマや映画が度々ヒットしますね。 

以上、ット商品トップ10でした。

以前からあったマスクやビデオ会議システムが脚光を浴びると同時に、閉塞感を打ち破り、生活を豊かにする商品がいくつも登場しました。

ヒット商品を見ると、人々が安心と癒し、そして希望を求めていると感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました