Top 10 buzzwords for 2020 / 2020年の流行語トップ10

emimaru English
Top 10 buzzwords for 2020 / 2020年の流行語トップ10を英語でご紹介★
YouTube Video

Top 10 buzzwords for 2020 (English Script)

Time flies, this year is about to end.

In this season,The buzzword award is announced every year.

The buzzwords reflect what was popular and a social phenomenon that year.

These are the top 10.

愛の不時着(Crash landing on you)

It is a Korean drama that triggered the Korean drama wave again.

The love story of the South Korean heroine and the North Korean military serviceman seems to have captured the hearts of many women.

This year we had to stay at home due to the coronavirus pandemic.

As a result, many people watched video content and it affected this boom.

あつ森(Atsumori)

Nintendo’s game software called “あつまれ動物の森(Animal Crossing)” is called “Atsumori” for short.

You can enjoy a slow life on an uninhabited island. It was released in March as the 7th work in the series.

It sold over 8 million units in Japan and over 26 million units worldwide and became a hit all over the world.

One of the reasons for the increased demand for this game was also due to staying at home.

アベノマスク(Abe-no-Mask)

It is a coined word that is a combination of the Japanese Prime Minister’s surname “Abe” and the word “Mask”.

This is a mask that the government distributed to all households because of the shortage of masks in the market.

Many people had complaints about this, such as “Delivery is delayed”, “Size is too small”, and “It needed a huge budget”.

アマビエ(Amabie)

Amabie is a youkai(Japanese folk monster) listed in ancient literature that is said to cure the epidemic.

People who hoped COVID-19 would end posted Amabie on Twitter and became popular.

In addition, illustrations by professional manga artists were posted on SNS.

It looks like a bird with long hair, a scaly body, and three legs. 

More than 3000 products such as daily necessities and sake have been sold.

Online X

Gathering activities have become difficult, and online activities are much more popular than before.

Various activities such as drinking parties, medical examinations, matchmaking, weddings, travel, and live performances are now taking place online.

Classes in school have also been held online, and some university students lamented, “I have never attended school. I can’t make friends.”

鬼滅の刃(Demon Slayer)

There was also a bright topic under the COVID-19 situation.

Kimetsu no Yaiba(Demon Slayer) is a very popular manga with a cumulative circulation of over 120 million books.

It also was made into a movie and became a social phenomenon, such as recording the second-highest box office revenue.

It is a story of the hero who tries to return his sister who was turned into a demon to a human being.

The indomitable spirit of the hero and his friends who never give up even in the face of harsh reality is an inspiration to us living in this difficult situation.

Go To キャンペーン(Go To Campaign)

This is a government policy for the tourism and food service industry, and is a consumption promotion measure aimed at recovering from the economic downturn.

On the other hand, it is considered to be one of the factors for the spread of COVID-19 infection because many people go outside to use this campaign.

ソロキャンプ(Solo camp)

This is going camping by yourself.

It is a popular factor that you can enjoy camping freely and feeling liberated since you can spend time alone.

YouTubers, who make videos spending time with nature, seem to cause the spark. Camping items are also selling well.

フワちゃん(Fuwa-chan)

She acts as a new type of entertainer who is from YouTube and You can see on many TV shows such as variety shows.

Her flashy clothes and cheerful personality are popular.

And the grand prize in the annual buzzword this year is 「三密」san-mitu (3 dense).

san-mitu (3 dense) is a new word made by The Ministry of Health, Labor and Welfare. 

The government advised to avoid these three situations:  “密閉 (poor ventilation)”, “密集 (crowded places)” and “密接(close proximity)” with a high risk of COVID-19 infection. I hear this word every day.

This year 6 out of 10 buzzwords are related to COVID-19. 

Due to the Tokyo Olympics postponement, there were no sports-related nominations this year.

I hope bright buzzwords will be awarded next year.

2020流行語トップ10(日本語訳)

早いもので、もう今年も終わろうとしています。

この時期になると、毎年流行語大賞が発表されます。

流行語はその年に何が流行したのか、どのような社会現象があったのかが反映されています。

以下トップ10です。

愛の不時着

韓流ブーム再燃のきっかけとなった韓国ドラマです。

韓国人のヒロインと北朝鮮兵役のラブストーリーは多くの女性たちの心を捉えたようです。

今年はコロナ感染防止のため自粛期間がありました。

そのため動画コンテンツがよく視聴されたことも後押しになりました。

あつ森

「あつまれどうぶつの森」という任天堂のゲームソフトで、略して「あつ森」と呼ばれています。

無人島を舞台にスローライフを楽しめます。同シリーズの7作目として3月に発売されました。

日本では800万本以上、世界では2600万本以上売れ世界中でヒットしました。

これも外出自粛に伴う巣ごもり需要の高まりが一因となっています。

アベノマスク

日本の総理大臣の苗字「アベ」と「マスク」を掛け合わせた造語です。

市場でのマスク不足を受け、政府が全世帯に配布したマスクのことです。

「なかなか届かない」「サイズが小さい」「他にお金をかけるべきことがある」など様々な議論を呼びました。

アマビエ

アマビエとは疫病を治めるとされる江戸時代の文献に載っている妖怪のことです。

新型コロナウイルスの感染収束を願った人たちが、Twitterで投稿して流行りました。

さらに、SNSでプロの漫画家などが描いたイラストが拡散。

長髪でくちばしがあり、うろこの付いた身体から3本の足が生えていることが特徴。日用品や日本酒など3000以上のグッズが展開されました。

オンライン〇〇

人が集まる活動が困難となり、オンライン化が進みました。

オンライン飲み会、オンライン診療、オンラインお見合い、オンライン結婚式、オンライン旅行、オンラインフィットネス、オンラインライブなど様々な活動がオンラインで行われれるようになりました。

授業もオンライン化し、大学生の中には、「1度も登校していない。友達も出来ない」との嘆きも聞かれました。

鬼滅の刃

コロナ禍の閉塞感の中で、明るい話題もありました。

鬼滅の刃は、単行本累計発行部数が1億2000万部を突破した大人気漫画です。

映画化もされ、歴代興行収入2位を記録するなど社会現象になりました。

主人公が鬼と化した妹を人間に戻そうとする内容です。

過酷な現実を前にしても諦めない主人公と仲間たちが見せる不屈の姿が、この大変な今を生きる私たちへのエールとなっています。

Go To キャンペーン

旅行業・観光業・飲食業への支援策であり、落ち込んだ経済の回復を狙った消費促進策です。一方で人の移動により感染拡大の要因の1つとも考えられています。

ソロキャンプ

一人で行くキャンプのことです。一人だからこそ味わえる自由さや解放感が人気です。

大自然の中でゆっくり過ごす動画を配信するYouTuberが火付け役になっているようです。キャンプグッズもよく売れています。

フワちゃん

彼女はYouTube発祥の新しいタイプの芸人として活躍しています。バラエティー番組をはじめとするテレビ番組に多数出演するなど今年大ブレークしました。

派手な服と明るいキャラクターが人気です。

そして流行語大賞は「3密」です。

3密は、厚生労働省によって作られた新しい言葉です。

厚生労働省が新型コロナ感染リスクが高い「密閉(換気の悪い密閉空間)」「密集(多数が集まる密集場所)」「(密接)間近で会話や発声する密接場所」を避けるために政府が呼びかけた3つの状況のことです。

この言葉を毎日飽きるほど聞きました。

というわけで今年の流行語は10ワード中6ワードがコロナ関連となりました。

東京オリンピック延期の影響もあり、今年はスポーツ関連のノミネートはゼロでした。

来年は明るい流行語が流行ってほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました