独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

ネットラジオ【独りとインコの老後に備えるラジオ】のブログ版です。

ここでいう「独身者」とは、シングルで生きることを選択した人たちのこと。

ダイバシティ社会の中で、一人一人の生き方が尊重されているはずなのに、なぜか多くの情報が結婚すること、結婚していることに偏っていると感じています。

シングルライフの楽しみ方、お金や健康の問題、将来への備えについて綴っていきます。

スポンサーリンク
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

終活のことを考えると既婚者の方が有利

おひとりさまは、元気なうちは自由気ままで最高!余計な悩みなし!ただし、病気・怪我・経済苦になると、さまざまな問題が出てきます。老いの準備・死後の準備が圧倒的に大変です。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

独り身にとっての「終活三種の神器」

今回のテーマは、おひとりさまにとっての三種の神器についてです。転ばぬ先の杖ということで、これまで独り身の老後について勉強してきました。なかなか綺麗に死ぬことは大変そうです。おひとりさまだからこそ準備を万全にしておく必要があることを強く感じています。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

「私が死んだら骨を海に撒いて」はできるのか?

海や山に散骨をしてほしい、死んだあとは自然に帰りたい、墓参りをする子孫もいないからお墓に入る必要がない。このような方もいらっしゃると思います。今回は散骨と墓じまいがテーマです。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

エンディングノートってパソコンで保存したらダメじゃない?

おひとりさまに限らず、人が亡くなった際に、残された人は誰に連絡をすればいいのかわからないということが頻繁に起こります。ですから、死亡した際に連絡してほしい人をあらかじめ整理しておくことが必須になってきます。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

子なし独り身の相続人って誰?

子なしの独り身でも親戚はいる場合はありますよね。どこまで責任が及ぶのでしょう。自分が死んだ後に、会ったこともない、連絡先も知らない親戚に迷惑をかけるのは嫌ですよね。今回は相続人の範囲についてまとめます。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

独り身の私が死んだら財産はどうなるの?

相続人が誰もいない、誰も身寄りのない人が亡くなった場合、財産はどうなるんでしょう?財産が多くても少なくても「死んだあとは関係ない!」はちょっと無責任ですよね?今日は財産と遺言状のお話です。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

独り身が要介護・認知症になったら

独り身が一番心配なのは、やはり老後の健康のこと。介護が必要になったらどうしたらいいの?一人暮らしの老人が認知症になったらどうなってしまうの?? 今回も、「独り身の老後の不安」を少しでも減らすべく学んでいきます。
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

独り身の死後はどうしたらいいの?主に葬儀のこと

死ぬ前だったらいくらでも準備できますが、死んでしまった後は自分ではもう何もできることはありません。自分の子どもがいる場合は、葬式をはじめ各種手続きを子どもがしてくれると思います。頼れる人がいない独り身が死んだあとはどうなるのでしょう?
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

独り身フリーランスは年金だけで生活できるのか

老後に公的年金がいくらもらえるのかは、フリーランスと会社員では大きな差があります。2倍以上違います。年金と一言でいても、大きく分けて老齢厚生年金(厚生年金)と老齢基礎年金(国民年金)があります。老齢厚生年金(厚生年金)は会社員しかもらえないため、フリーランスには関係がありません。私も以前は会社員でしたが、フリーランスになるといかに会社に守られていたかわかりますね~
独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

「アンチエイジング」という言葉

年を取ることに抗う意味で「アンチエイジング」という言葉がありますが、あれは「年を取ることが悪い」というニュアンスがありますよね。できなくことの多さ、容姿や体力の衰え、認知機能の低下…このネガティブなイメージを増幅させます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました