Cherry Blossoms and Japanese / 桜と日本人

emimaru English
Cherry Blossoms and Japanese / 桜と日本人

Cherry Blossoms and Japanese(English Script)

Sakura (or Cherry Blossoms) is a special flower for Japanese people.

Everyone has a special feeling for this flower, which blooms only once a year for a very short time.

There are many poems and songs about cherry blossoms from ancient times.

Not only their beauty, but their fragility and impermanence attract many people.

Here are three famous poems that were written about 1,000 years ago, but modern people have the same feeling for cherry blossoms. 

『 ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ 』

The meaning is, “Why are the cherry blossoms falling in a restless manner on a spring day when the sunlight is so peaceful?”

Like this poem, there are many poems that lament the early dispersal of cherry blossoms.

『 願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃 』

The meaning is “I beg to die under the cherry blossoms in full bloom around the full moon on February 15th of the lunar calendar.” 

February 15th of the lunar calendar is the day of Buddha’s death. 

Due to their beauty and impermanence, cherry blossoms can mean death.

Saigyo, who loved cherry blossoms so much that he was called the poet of cherry blossoms, wished for the time and place to die.

Surprisingly, he died on February 16th of the lunar calendar as he wrote in this poem.

『花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける』

The meaning is, “Possibly the only fault of cherry blossoms is that a large number of people come to see them and make noise.”

When it was in full bloom, a lot of viewing visitors would have come. Perhaps he thought, “Oh, I want to enjoy watching the cherry blossoms quietly.” 

By the way, the cherry blossom front is announced in the weather forecast every year during this season.

The cherry blossom front is a line that connects the expected flowering dates of cherry blossoms in various parts of Japan.

The cherry blossom front travels from south to north, from low altitude to high altitude.

It blooms in late March in Tokyo and early May in Hokkaido.

Living in Hokkaido, the northernmost part of Japan, I am looking forward to the arrival of this cherry blossom front. 

Unfortunately, cherry blossom viewing parties are prohibited everywhere, both last year and this year.

This is because COVID-19 spreads if people gather.

However, it is reported every day that many people gather around the cherry blossoms in every area. 

Finally, I would like to introduce the word “花より団子(Hana yori Dango)”.

It means “Sweet dumplings rather than flowers”.

It’s interesting that there is a similar expression in English which is “Bread is better than the songs of birds”.

In Hokkaido, where I live, some people eat “ジンギスカン(Genghis Khan)”, 

a local dish similar to BBQ. This is the local culture, but it’s not elegant to smoke and eat BBQ cheerfully under a beautiful cherry tree.

If the ancient poets look at the scene, they would get angry.

桜と日本人(日本語訳)

日本人にとって桜は特別な花です。

1年に1回ごく短い間だけ咲くこの花に対して誰もが特別な気持ちを持っています。

桜に関する詩や歌が昔から数多くあります。

桜は美しいだけでなく、その儚さと無常観が多くの人を惹きつけているからです。

約1000年前に詠まれた有名な詩歌を3つ紹介しますが、現代人も桜に対して同じ感覚を持っているのです。

『 ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ 』

意味は、「日の光がこんなにものどかな春の日に、どうして桜の花だけは落ち着くこともなく散っていってしまうのでしょう」です。

このように桜の花が早く散ってしまうことを惜しむ詩は数多くあります。

『 願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃 』

意味は、「願うことならば(旧暦の)2月15日の満月の頃に、満開の桜の下で死にたい」です。

旧暦の2月15日は釈迦の入滅の日です。

その美しさと儚さから桜は死を意味することもあります。

桜の歌人と呼ばれるほど桜が好きだった西行が死ぬ時と場所を願った歌です。

なんとこの詩人はこの詩の通りに旧暦の2月16日に亡くなったそうです。

『花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける』

意味は、「花見に大勢の人が来て騒がしくなることが桜の罪だとも言える」です。

満開の時は大勢の花見客がやってきたのでしょう。詩人の本音は、「ああ静かに花を愛でたいのに」でしょう。

さて、毎年この季節は天気予報で桜前線がアナウンスされます。

桜前線とは、日本各地の桜の開花予想日を結んだ線のことです。

おおむね南から北へ、高度の低い所から高い所へと桜前線は進みます。

東京では3月下旬、北海道では5月初旬に開花します。

日本の一番北である北海道に住んでいる私は、この桜前線の到着を待ちわびています。

残念ながら、昨年も今年も花見をすることがどこも禁止されています。

人が集まると、コロナウイルスが広まってしまうからです。

しかし、どの地域でも桜の周りに人が多く集まってしまう様子が連日のように報道されています。

最後に「花より団子」という言葉を紹介します。

「Dumplings rather than flowers」という意味です。

英語でも「Bread is better than the songs of birds」と似たような表現があるのは面白いですね。

私の住んでいる北海道では、桜の木の下で団子ではなく「ジンギスカン」というバーベキューのような郷土料理を食べる人もいます。

これはローカルカルチャーですが、綺麗な桜の木の下で、煙をモクモクさせ、みんなで騒がしくバーベキューするなんて風流ではないですよね。

古の詩人たちがその光景を見たら、怒るかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました