同性婚認めないは「違憲」札幌地裁の同性婚訴訟について・他

独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

「同性婚を認めないのは違憲」札幌地裁の訴訟に思う

ラジオ音声はコチラ(Stand.FM)

・北海道に住む同性カップル3組が、国に計6,000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決について(3/17)

・「国が同性婚を認めてないのは憲法違反」として、札幌地裁は法の下の平等(憲法14条)に違反し、違憲との初判断を示した

・全国5地裁で争われている同種の訴訟で初めて

原告側が主張していたことは2つあり、①同性婚を認めないのは憲法14条の法の下の平等に違反していること ②同性婚を可能とする立法処置を国が怠っているのは立法不作為

まず①について、原告側は「同性と結婚できず、婚姻の自由を不当に侵害している」とし、さまざまな法的・経済的不利益を受けているのは、法の下の平等に反すると主張していた

・判決理由で「同性カップルに婚姻によって生じる法的効果の一部すら与えないのは立法府の裁量権を越え、差別に当たる」と指摘

次に、②立法不作為については「国会が違憲性を直ちに認識することは容易ではなく、国家賠償法上、違憲とは言えない」として原告側の主張は退けられた

今回の裁判で私が感じたのは、憲法24条「婚姻は、両性の同意のみに基づいて成立」

これは、婚姻は「両性」「異性間」「男女」を前提しているという法解釈。また、婚姻に関する民法の規定も「夫婦」という用語が使われている

同性の結婚については、憲法も法律も触れていないので、そもそも違憲にならないという理屈らしい

同性同士の結婚を禁止はしていないが、認めてもいないというなんとも宙ぶらりんの状態

そもそも付き合ったり、両親からの結婚の許しをもらったり、一部周りの人からの偏見があったり、ただでさえハードルが高いのに、同性カップルというだけで、結婚制度の恩恵が受けられないのは平等ではないと思う

もはや「男女が結婚して当たり前」という前提が、古くなっている気がする。そもそも異性・同性関わらず「結婚」という制度にも無理があるのかも

それでも、多様性が認められる社会への一歩前進となる判決だったと思う

アウティングを禁止する条例に思うこと

ラジオ音声はコチラ(Stand.FM)

3月23日、三重県議会は本会議で、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」と、カミングアウトの強制を禁止する条例案を全会一致で可決

条例の目的は「性の多様性を認め合う社会の実現」

ちなみに、アウティング禁止条例は東京都の国立市などがすでに施行している。都道府県レベルでは初なので、他の自治体に影響が広がる可能性もある

性的指向や性自認に関し「本人の意に反して正当な理由なく暴露してはならない」「性的指向を理由とする不当な差別的取り扱いをしてはならない」

なお、罰則規定はない

三重県はLGBTカップルを婚姻相当と認める「パートナーシップ制度」も9月に開始予定

条例に関して、マイノリティーの人権を尊重する姿勢は素晴らしいと思うし、善意の人たちの苦労の賜物だと思う

ただ、条例ができて意識が高まる一方で、性的指向や性自認について触れてはいけないという雰囲気ができて見えない壁ができてしまいそう

そもそもわざわざ条例にしないといけない状況が問題

多数派だってわざわざ「自分は異性が好き」とかは言わない

「猫が好き」とか「山菜を食べるのが好き」とか「こういうファッションは嫌い」とか「こういう働き方は合わない」とか、ただの個性・個人差なので言いたければ言えばいいし、言いたくなければ言わないし、それで不利益を被るなんてことはない

「インコが好き」同じぐらい普通に「同性が好き」とか「独りが好き」となればいい

性的指向や性自認が当たり前のように尊重されるようになるのが理想

コメント

タイトルとURLをコピーしました