Are Japanese Women Happy? Gender Gap in Japan/日本の女性は幸せなのか?ジェンダーギャップから見る日本

emimaru English
Are Japanese Women Happy? Gender Gap in Japan / 日本人女性は幸せなのか?ジェンダーギャップから見る日本

Are Japanese Women Happy? Gender Gap in Japan(English Script)

What is your impression of Japanese women?

I used to live in China for a year and I asked Chinese people the same question.

According to them, Japanese women have the image of “gentle and sweet,” “well-behaved,” and “tamed.”

Also, Japanese women seem to be dependent on men.

Today I would like to talk about the gender gap in Japan.

The World Gender Gap Report is the ranking of countries and international comparisons by the World Economic Forum (WEF).

It is evaluated and announced annually based on these four areas:

Economic  (Economic Participation and Opportunity)

Politics  (Political Empowerment)

Education  (Educational Attainment)

Health  (Health and Survival)

Scores close to 1 indicate gender equality.

Here are the top 10 countries based on The Global Gender Gap Index 2020 rankings.

Many Scandinavian countries ranked high.

Next,these are the countries from 11th to 20th.

The Philippines has the highest score in Asia and is ranked 16th.

The United States is 53rd, Russia 81st, Brazil 92nd and China 106th.

Where is Japan ranked?

Japan’s score was 0.652, ranking 121st out of 153 countries. 

Moreover, last time it was 110th out of 149 countries, so Japan has fallen in rank.

In recent years, the movement toward promoting gender parity has become popular in Japan.

In 2013, the government set a goal of reaching 30% female leaders by 2020 in all areas of society. However, as of 2019, we have only reached about 10%.

Of the four areas, the lowest are politics and economics.

In Japan, there has never been a female prime minister, and the percentage of female politicians is about 10%, the lowest level in the world. It is 20% below the average of developed countries.

Also, we have a serious situation regarding the economy.

Not only is the percentage of female executives and managers low, but women’s total income is about half that of men on average.

Why is the gender gap so severe in Japan?

These are linked to various factors.

One of the reasons for the gap is that Japanese women spend a lot of time doing household chores. There is data that even if both the couple work, the wife does two or three times as much housework compared to her husband.

This is likely why women are deprived of career-building and promotion opportunities due to less time at work.

Aside from that, there is still some prejudice about women in leadership positions.

Insufficient leadership education for women has also been pointed out.

Japan has a declining birthrate and an aging population. The number of people has been declining since peaking in 2008.

It currently has a population of about 120 million, but is projected to fall to less than 100 million by 2050.

In this social context, women are expected to become leaders in their companies to increase the proportion of female leaders.

At the same time, they are expected to care for their children, do housework and nurse their parents at home.

In addition, childbirth is expected from them to increase the population of the country.

Everyone should be respected for their way of life, but many women find such “silent pressure.”

Japan is said to be behind in gender equality compared to other countries, but historically this was not always the case.

The poetry collections from the 7th to 8th centuries included poems by common women, and many were active. This is in contrast to the fact that there were few female writers in Europe at that time.

Also, when the legalization of abortion and divorce became a major debate in the West in the 1960s, Japan had already established a gender equality system, at least legally.

The remarkable economic growth of Japan in recent years has been supported by long working hours for men and domestic work for women.

That era is over. However, It seems that Japanese society is still lof its past success.

This issue of the gender gap is highlighting all problems such as the Japanese society system, family relationships, and working styles.

This issue is something that we Japanese should take seriously in order to build a diverse society in which not only women but everyone including sexual minorities and people with disabilities can live their lives.

日本の女性は幸せなのか?ジェンダーギャップから見る日本(日本語訳)

あなたは日本人女性についてどのようなイメージを持っていますか?

私は以前中国に住んでいたことがあります。

周りの中国人に聞いてみたところ、日本人の女性に対して、「大人しい」とか「優しい」イメージを持っていると言っていました。

また、日本人女性は男性に従っている従順なイメージがあるようです。

今日は日本のジェンダーギャップについてご紹介します。

世界男女格差報告(The Globa lGender Gap Report)は世界経済フォーラム(WEF)による男女格差指数の国別順位・国際比較ランキングです。

経済(Economic Participation and Opportunity)、政治(Political Empowerment)、教育(Educational Attainment)、健康(Health and Survival)の4つの分野で評価され、毎年発表されています。

スコアが1に近いほど、男女平等を示します。

TOP10の国はこちらです。

アジアの中ではフィリピンが最もスコアが高く16位となっています。

他に、アメリカが53位、ロシアが81位、ブラジル92位、中国106位です。

日本は何位でしょう?

アジアの中ではフィリピンが最もスコアが高く16位となっています。

他に、アメリカが53位、ロシアが81位、ブラジル92位、中国106位です。

日本は何位でしょう?

日本の総合スコアは0.652、順位は 153か国中121位でした。

しかも、前回は149か国中110位でしたので順位を下げています。

ジェンダー・パリティ(ジェンダー公正)推進に向けた動きは、近年日本でも盛んです。

政府は2013年、社会のあらゆる分野で2020年までに女性管理職をを30%にする目標を掲げました。しかし2019年時点で半分も到達できていません。

4つの分野の中でとりわけ低いのが、政治と経済の分野です。

日本では、女性が首相になったことはなく、女性議員の割合は10%と世界最低の水準です。

先進国の平均を20%も下回ります。

日本はまた、経済的なジェンダー・ギャップについても深刻な状況です。

女性役員・管理職が低いだけでなく、女性の所得は平均すると男性の約半分です。

なぜ日本では、これほどジェンダー・ギャップが根強いのでしょうか。

これらは様々な要因が結びついています。

格差の理由のひとつとして、日本の女性が家庭内労働に多くの時間をとられていることが挙げられます。夫婦が共働きの場合であっても妻が夫の2~3倍の家事をしているというデータもあります。

これにより、仕事に従事する時間が減ったり、労働時間を増やすのが困難になったりするため、キャリア形成や昇進の機会が奪われていると考えられます。

他には、女性が指導的地位に立つことへの否定的な見方が未だに根付い文化的な問題も挙げられます。

日本人女性のリーダー教育の遅れも指摘されています。

日本は深刻な少子高齢化社会となり久しく、2008年をピークに総人口が減り始めています。

現時点では1億2000万人ほどの人口がありますが、2050年には1億人を切ると予測されています。

このような社会背景の中で、女性は会社からは女性管理職になることを望まれ、家庭では育児や家事や介護をすることを望まれ、国からは人口を増やすために子供を産むことを望まれているのです。

本来はすべての人の生き方が尊重されるべきはずです。

しかし、このような無言のプレッシャーを多くの女性が感じています。

諸外国と比較して遅れた日本と評されていますが、歴史的に見ると必ずしもそうではありません。

7~8世紀の詩集には庶民の女性の詩も収録されており、たくさんの女性歌人が活躍していました。

同時代のヨーロッパでは女性作家がほとんどいないのと対照的です。

また、1960年代の欧米で中絶と離婚の合法化が叫ばれていた時、日本ではすでに少なくとも法律上は男女平等の制度が整っていました。

近年の日本の目を見張る経済成長は、男性の長時間労働と女性の家事労働が支えとなっていました。

もうそのような時代は終わりました。

しかし、日本社会はその過去の成功体験からいまだに抜けることができないでいるのです。

ジェンダー格差の問題は、日本の社会、家庭、職場の働き方などあらゆる問題を浮き彫りにしました。

この問題は、女性だけでなく性的少数者や障害者を含むすべての人が生を全うできる多様性のある社会の構築のために、私たち日本人が真剣に取り組むべき問題なのです。

(図の引用元)

The World Gender Gap Report

総務省 人口減少社会の到来

コメント

タイトルとURLをコピーしました