Common 10 things with Hokkaido’s life winter version / 北海道にありがちなこと冬季編

emimaru English
Common 10 things with Hokkaido's life (winter version) Part1 / 北海道にありがちなこと(冬季編)前編
Common 10 things with Hokkaido’s life (winter version) Part1
Common 10 things with Hokkaido's life winter version Part2 / 北海道にありがちなこと冬季編【後編】
Common 10 things with Hokkaido’s life (winter version) Part2

Common 10 things with Hokkaido’s life winter version (English Script)

Located in the northernmost part of Japan, Hokkaido has its own customs and culture that are different from other regions.

I was born in Hokkaido, but since I lived in Tokyo for a long time, I sometimes felt differences in customs. 

On the other hand, people who come to Hokkaido may be surprised by the customs of Hokkaido people. 

Today I would like to introduce you to Hokkaido’s life in winter.

①We don’t use an umbrella even if it snows

Snow in Hokkaido is called “powder snow” and is often smooth like powder. Therefore, the snow does not get wet on our clothes.

To enter the room, just brush off the snow with your hand.

When it’s snowing a lot, we wear a hat or a hooded coat instead of using an umbrella.

② Water pipe rupture warning

When a cold wave comes, the water in the pipe may freeze and it may burst. 

In the weather forecast, a “water pipe rupture warning” is often announced. 

Water swells when it becomes ice to prevent the water pipes in the house from freezing and bursting, it is necessary to take precautions such as keeping the stove on overnight or emptying the water pipes. 

In the past, it recorded -40 degrees Celsius in Asahikawa (One of the cities in Hokkaido), and without a stove, the temperature would be negative even indoors.

③ There is no Kotatsu at home

The kotatsu is a Japanese table with a built-in heater and a blanket that covers all four sides and traps the heat underneath.

Many people all over Japan use Kotatsu to keep their bodies warm.

But, We Hokkaido people don’t use Kotatsu in winter.

Kotatsu warms only your feet, but not the entire room. 

Therefore, it is common to heat the living room with a large stove instead of a kotatsu.

This also keeps the water pipe from freezing.

Therefore, heating costs are extremely high in winter.

④ Ice cream sells well even in winter

Speaking of ice cream, it is a summer food, but in Hokkaido, ice cream sells well in the cold winter. 

Our house and office are warm enough, so we eat ice cream indoors in light clothes. This seems to be a surprise to people outside of Hokkaido.

⑤ The Bug called “Snow bug”

In mid-October, bugs called 雪虫(snow bugs) start to appear.

We, the people of Hokkaido, notice the coming of winter by the appearance of snow bugs. 

When snow bugs show up, the first snow falls within 1 week to 10 days. 

So as soon as we see a snow bug, we get ready for winter.

⑥ The sled is a convenient tool

Sleds are not a plaything for the people of Hokkaido. 

In winter, we have a lot of snow on the sidewalk, so it is difficult to use a stroller.

Therefore, there are quite a few people who put their children on sleds instead of strollers.

Also, some people use it when shopping.

When we go to the supermarket in winter, many people pull sleds, coming from the neighborhood. 

It’s easy to fall if you hold your shopping bag with both hands, but you can easily carry heavy food with a sled.

⑦ There are no cockroaches

Cockroaches are hated by everyone, but there are no cockroaches in Hokkaido.

Even if cockroaches come from outside Hokkaido together with luggage, they will die in the cold winter. 

Therefore, there are many people who have never seen cockroaches, and there are also people who want to see cockroaches.

⑧ Wake up to the sound of a snowplow in the middle of the night

The mornings of the people of Hokkaido often start with shoveling snow. 

Snowplows remove snow on public roads. 

Snow removal on public roads takes place in the middle of the night, so the loud noise of this snowplow can wake us up. 

The snowplow does not come when it is not snowing, so we can tell if it is snowing by hearing the sound of this snowplow.

⑨ Store food at the front door without using the refrigerator

In winter, when storing food, it is often placed on the balcony, garage, or front door.

The temperatures in these places are just as cold as in the refrigerator or even colder.

I also store beer, fruits and vegetables near the front door.

⑩ Preserved food only for winter

In winter, many households make preserved foods unique to Hokkaido, such as Ikura-no-shoyuzuke (Soy Sauce Cured Salmon Roe)  and Nishinzuke.

In the fall, salmon are sold well in supermarkets, and many homes make handmade Soy Sauce Cured Salmon Roe.

This is good with rice.

Nishinzuke contains herring, cabbage, radish, carrots, ginger, and Koji (rice malt), and are a popular food in Hokkaido in winter.

I have introduced the above 10 things.

Hokkaido is a very popular travel destination.

In fact, Hokkaido is NO1 in Japan’s 47 prefectures’ attractiveness ranking.

It may be a difficult place to live for those who don’t like cold places, but after a long winter, you can feel the joy of spring more than anyone else.

北海道にありがちなこと(日本語訳)

日本の最北部に位置する北海道は、他の地域と違う独自の習慣や文化があります。

私は北海道の生まれですが、東京に長く住んでいたこともあり、習慣の違いを感じることがありました。

また逆に、北海道に来ている人が、北海道人の習慣に驚くこともあります。

今日は冬の北海道あるあるをご紹介します。

①雪が降っても傘を差さない

北海道の雪は「パウダースノー」と呼ばれており、粉のようにサラサラしてることが多いです。

そのため雪が服についても濡れません。

室内に入るときは手で雪を払うだけです。

雪が多く降っているときは、帽子を被ったりフード付きコートを着ますので、傘が必要ないのです。

②水道管破裂注意報

寒波が来ると、水道管の中の水が凍って水道管が破裂することがあります。

天気予報ではよく「水道管破裂注意報」がアナウンスされます。

家の中の水道管が凍結して破裂しないように、就寝中でもストーブを消さない、水道管の中の水をすべて抜くなどの工夫が必要です。

過去には旭川で-40度を記録したこともあり、ストーブを付けないと家の中でもマイナスの気温になります。

③家にこたつはない

こたつとは、ヒーターを備えた日本のテーブルのことです。

熱を閉じ込めるため、テーブルには毛布を掛けます。

日本中のたくさんの人が暖を取るために冬にこたつを使いますが、北海道の家にはあまりこたつがありません。

こたつは足元は温まりますが、部屋全体は暖まりません。

なので、こたつではなく大きなストーブで家全体を温めることが一般的です。

これは先ほどの水道管を凍結させないことにも繋がります。

そのため冬季は暖房費が物凄くかかります。

④冬でもアイスがよく売れる

アイスと言えば夏の食べ物ですが、北海道では寒い冬にアイスがよく売れます。

家もオフィスも暑いぐらい温めているので、室内では薄着でアイスを食べています。

これは道外の人には驚きのようです。

⑤雪虫という虫がいる

10月半ば頃になると、毎年その時期にだけ現れる虫がいます。

私たち道民は雪虫の訪れで冬の訪れを知るのです。

雪虫が飛ぶと1週間から10日間のうちに初雪が降ります。

ですから、私たちは雪虫を見るとすぐに冬支度にかかります。

⑥ソリが大活躍

道民にとってソリは遊び道具ではありません。

北海道の冬は歩道にも多くの雪が積もるので、ベビーカーは使いづらいのです。

そのため、ベビーカーの代わりにソリに子どもを乗せる人がかなりいます。

また、買い物の際にも使う人がいます。

冬にスーパーに行くと近所からソリを引いてやってくる人が多いです。

両手を塞いで買い物袋を持つと転びやすいですが、ソリなら重い荷物も簡単に運べます。

⑦ゴキブリはいない

誰からも嫌われるゴキブリですが、北海道にはゴキブリがいません。

仮に荷物にまぎれてゴキブリが北海道外からやってきても、寒い冬を越せないで死んでしまうからです。

そのためゴキブリを見たことがない道民が多く、「ゴキブリが見たい」という人もいます。

⑧夜中に除雪車の音で起きることがある

道民の朝は雪かきから始まることが多いです。

公道は除雪車が除雪をします。

公道の除雪は真夜中に行われるので、この除雪車の大きな音で起きてしまうことがあります。

なお、雪が降らない日は除雪車は来ないので、この除雪車の音で雪が降っているかどうかがわかります。

⑨冷蔵庫を使わず玄関などで食料を保存

北海道では、食品を保存するときはベランダやガレージ、玄関などに置くことが多いです。

これらの場所の温度はちょうど冷蔵庫と同じくらいなのです。

私も、ビールや果物、野菜を玄関の近くに置いています。

⑩冬ならではの保存食がある

冬になると、イクラのしょうゆ漬け、ニシン漬けなど、北海道ならではの保存食を作る家庭が多いです。

イクラのしょうゆ漬けは、秋になるとスーパーで鮭の筋子が店頭に並ぶので、手作りする家が多いです。

これがあるとご飯を何杯でも食べてしまいます。

ニシン漬けは、ニシンやキャベツ、大根、人参、ショウガ、麹などが入っており、冬になると北海道でよく食べられている漬物です。

いかがでしたか?北海道は旅行先としてとても人気のある場所です。

実際に、日本の47都道府県魅力度ランキングの1位は北海道です。

寒い場所が苦手な人にとってはちょっと住むのには大変な場所かもしれませんが、長い冬が終わった後に春を迎える喜びを誰よりも感じることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました