子なし独り身の相続人って誰?

独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

ラジオ音声はコチラ(Stand.FM)

前回、相続人がいない場合の死後の財産について書いたのですが、「そもそも相続人について触れてなかったわ!」と思い出しました。

ピーコ
ピーコ

そういえば、子なしの独り身でも親戚はいるって場合あるじゃない?この場合、どこまで責任が及ぶの??

えみまる
えみまる

自分が死んだ後に、会ったこともない・連絡先も知らない親戚に迷惑をかけるのヤダよね

「相続人」になる順番

まず、民法では配偶者は常に相続人になるとされています(民法890条)。

この配偶者を中心に民法は第一順位から第三順位まで相続人の範囲を決めています。

まず、第一順位は「子」です(887条1項)

ですから、配偶者と子がいる場合は、配偶者と子が相続人になります。

子どもがすでに他界している場合には、その子、つまり「孫」が相続人になります。

子や孫と疎遠だろうが絶縁状態だろうが、血縁関係が大事なのでもちろん感情面は関係ないです。

次に、第二順位は「親、祖父母、曾祖父母」(889条1項1号)

まず親、親が亡くなっている場合は、祖父母…と縦に遡っていきます。

相続の考え方は「縦」と考えるとわかりやすいですね。

直系で、子ども、孫、ひ孫、あるいは、親、祖父母、曾祖父母と、縦に相続権が発生していきます。

そして、第三順位として「兄弟姉妹」になります(889条1項2号)

兄弟姉妹が全員他界している場合は、この子供、つまり甥・姪が相続人になります。

ここまでが相続人の範囲です。

甥や姪がすでに他界している場合は、その子までは相続権は及びません。

前回、相続人が誰もいない場合の話をしました。

それはつまり、配偶者も子どもも孫も、兄弟姉妹も、甥も姪もいない場合にはじめて「相続人が存在しない」という状態となります。

エリック
エリック

ちなみに相続人になるには年齢は関係ありません。赤ちゃんや学生でも相続人になります。

ピーコ
ピーコ

しかも、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も相続されるよ!

えみまる
えみまる

疎遠になっている親族に迷惑をかけたくない人は、誰が相続人になるのか調べておく必要がありますね!

私の場合は誰が相続人になる?

ちなみに私ば「今」死んだ場合、

配偶者→いない、子ども→もちろんいない、両親→いる

なので、直系尊属で父と母に相続権があります。

おそらく寿命的に私は両親より長く生きる可能性が高いので、

配偶者→いない、子ども→もちろんいない、両親→いない、兄弟姉妹→いる

なので、兄弟に相続権が発生します。

私には1人甥がいるので、もし兄弟が私より先に死んでいる場合は、甥に相続権が移ることになりますね。

その甥がもし私より先に死んでいたら、いよいよ「相続人なし」の状態になります。

だから、可能性として、私の財産が国庫に帰属することは低いですが、それでもやはり甥に迷惑をかけないためにも遺言状は書いておいた方が良さそうです。

【まとめ】
・相続人の範囲は、配偶者はいついかなる時も相続権がある
・第一順位から第三順位まで、順番が決まっている
・範囲は、子・孫の直系卑属→親や祖父母の直系尊属→兄弟姉妹(甥・姪まで)
・故人と関係が疎遠だろうが、絶縁だろうが、存在を知らなかろうが、第三順位まで相続権が発生する
・まずは相続人が誰なのか知ろう!

余談

今回、相続について調べていく過程で感じたことがあります。

もしかしたら、私が老後を迎えるころには少し法律が変わっているかもしれません。

たとえば子供に相続する場合、以前は、同じ子であっても嫡出子(婚姻関係にある夫婦の子)と非嫡出子(婚姻関係にない男女の子)では、相続分が異なっていました。

非嫡出子は嫡出子の2分の1でした。

しかし、民法が改正され、現在は嫡出子と非嫡出子の相続分は同じ割合になっています。

非嫡出子も実子と同様に相続権があり、実子と同じ相続分となります。

それから、良いか悪いかは別として事実婚も増えそうです。

さらに、同性カップルに関しての法制度も整ってくると思います。

つまり、価値観の多様化により、いわゆるこれまでの「普通の生き方」が「たくさんある生き方のひとつ」になってくると思うんです。

そうすると、今のような「法律上の配偶者を中心として次に子どもが第一順位になる」形が変わってくる可能性もあるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました