Top 5 Things That Might Feel Strange At Japanese Weddings/日本のおかしな結婚式

emimaru English

Top 5 Things That Might Feel Strange At Japanese Weddings

Today, I want to introduce you to Japanese weddings.
Weddings are one of the most customary events in the country.

First, let me introduce three wedding styles that are common in Japan.

Then I’ll tell you about the top 5 things that may seem strange at a Japanese wedding.

Top 5 Things That Might Feel Strange At Japanese Weddings(日本の結婚式はここがおかしい!)

◆Christian style wedding

It takes place in the chapel of the hotel or ceremony hall.
Many weddings here are done this way.
They are held by a pastor who has a contract with the venue.

In this type of wedding, the bride is wearing a wedding gown and guests can easily attend.

◆Japanese style wedding

Brides who prefer a Japanese style wedding wear a white wedding kimono called shiromuku, and get an elegant, tied-up high hairstyle, covered with a hood.

It is popular among women who want to wear Japanese-style bridal clothes because of their uniqueness.

Grooms traditionally wear haori and hakama, a Japanese style kimono for men.

It is usually held at a shrine, where the priest holds the wedding. However, if it’s at a hotel or hall in some cases, the affiliated priest does it.

Generally, there are very few guests including close friends and relatives only.

◆jinzenshiki(non-religious ceremonies) 

jinzenshiki is a wedding style in which the bride and groom do not vow or report the marriage to a subject of religion, rather to a human witness only.

They can freely customize since there is no religious affiliation and nonreligious guests can easily participate.


These are the 3 styles of weddings in Japan.

Depending on the type of wedding, the ceremony can be conducted in a shrine, temple, church, and so on.

Many hotels also have a wedding center with a room for the reception after the wedding ceremony.


Next, Here are five things that may seem weird at a Japanese wedding.

1. Multiple changes of clothes

The bride and groom change their attire several times.
We call this Oironaoshi in Japanese.

It’s like a fashion show.
Weddings are organized and on-schedule. The couple is busy, especially the bride, who does not even have enough time to eat.


2. It costs money to attend

People who attend the wedding must bring money called Ohsugi.
The amount depends on your relationship with the bride or groom. If you are one of their friends, it costs 30,000 yen on average.

Having participated in three weddings a month, I almost went bankrupt!
Since then, I’ve been afraid to receive wedding invitations.

Regarding the amount of money, it varies by region.

For example, in Hokkaido where I live, there is a membership fee system.

That is, the bride and groom will present the amount in advance and all attendees will split the payment evenly.

This method is usually cheaper than Oshugi.

This custom seems to be based on the idea that “people who want to celebrate should participate”.

Hokkaido’s membership fee practice is relatively reasonable and less burdensome.


3. The company boss gives a speech

In the past, most guests were from the couple’s workplace, however recently, intimate weddings where only close relatives attend are getting more common.

Also, congratulatory messages are given by their boss which are oftentimes serious and formal. To be honest, it’s not that interesting.


4. The bride reads a letter of appreciation to her parents

This is a speech in which the bride expresses gratitude in front of her parents.

Some people like watching the bride tearfully read her letter while her parents are moved by her speech.

I don’t like it very much. I’m an outsider in the story so I’m not really interested.

Most Japanese don’t express their affection on a daily basis, even to their parents.

In other words, we’re not good at saying “thank you” or “I love you”, so a wedding is an opportunity to do so.

Without it, there is no chance to convey their feelings, that’s why it has become a common practice.

5. Non-Christians making a vow of love in front of God

This is what I find most odd.

It’s understandable if the couple is Christian, but I can’t understand why they make a promise before God when they do not believe in Him.

It’s also embarrassing to see them kissing in front of a hired part-time pastor.

The bride must want to wear a white wedding dress and walk on Virgin Road at Christian style weddings.

But I sympathize with God, who witnessed a sworn declaration of eternal love by two non-believers.

I have introduced the 5 above. What do you think?

Even I feel strange about Japanese weddings.

日本の結婚式のここがおかしい5選

結婚式ほどその国の風習が出るものはないと思います。
日本の結婚式は、日本人の私から見てもおかしなことばかりです。

今日は、日本の結婚式についてご紹介します。

まず、日本で一般的な3種類の結婚式をご紹介します。その後で、日本の結婚式のおかしなところTOP5をお伝えします。


キリスト教式

ホテルや式場などに設けられたチャペルで執り行われるタイプです。
日本では多くの結婚式がこの方法で行われています。

牧師は常駐していないことが一般的で、式を執り行う時にホテルや式場が契約している牧師によって式が行われることが多いようです。

ウェディングドレスを着て行うタイプの多くがこの形式で、親族以外の友人なども参列しやすいというのが特徴です。


神前式(日本式)

ホテルや式場で行う神式スタイルの挙式です。

この式では、日本人らしい白無垢や色打掛、引振袖などを着ます。こうした衣装を着る機会はほとんどないため、日本らしい花嫁衣装を着たい女性にも人気です。

神社でも行うことができ、神社ではその神社の神職が、ホテルや式場であれば提携している神職の人が式を執り行います。
収容人数は少なく親族だけを参列させるというのが一般的なスタイルです。

人前式

人前式は新郎新婦が宗教の対象に結婚することを誓ったり報告したりするのではなく、立会人に結婚を宣言するスタイルの式です。

親しい仲間や友人に囲まれて、みんなにお祝いしてもらいたいと考えている方が選ぶようです。

自由度が高いという特徴があり、海外で行ったり、船上で行うなど自分たちに合った式を行えます。
宗教色がないため、宗教に抵抗がある人でも参加しやすい式です。

では、日本の結婚式のおかしなところTOP5をお伝えします。

1.お色直しが何回も

特にキリスト教式の結婚式では、新郎新婦は何度もドレスを着替えます。
まるでファッションショーです。

日本の結婚式はしっかりとタイムスケジュールが組まれており、特に花嫁は料理を食べる暇がありません。


2.参列するのにお金がかかる

結婚式に参加する人は、お祝儀と呼ばれるお祝い金を持参します。
金額は新郎新婦との関係性によって異なります。もしあなたが新郎新婦の友人の場合、相場は3万円です。

私は、月に3件結婚式に参加して、破産しそうになったことがあります。結婚式の招待状が届くのが怖かったです。

お祝儀に関しては、地方によって風習が違う場合があります。

たとえば私が住んでいる北海道の場合、会費制です。つまり新郎新婦側があらかじめ金額を提示し、全員同じ金額を払います。一般的にお祝儀より安いです。

この習慣は「お祝いをしたいという人が参加する」考えがもとになっています。北海道の「会費制」の習慣は、お互いの負担が少なく比較的合理的です。

3.会社の上司がスピーチすることがある

最近は親族のみで執り行う結婚式もあーりますが、多くの場合新郎新婦の職場の人たちが大勢参加します。

また、お祝いのスピーチは彼らの上司がすることが多いです。正直に言うと、スピーチは真面目で形式的なことが多いです。

4.新婦が両親への感謝の手紙を読む

新婦が両親の前で感謝を伝えるスピーチです。

両親の前で泣きながら手紙を読む新婦や、彼女のスピーチを聞いて感動している様子の両親の姿を見るのが好きだという人もいます。

私は内輪感が強くてあまり好きではありません。

日本人は日常的に相手に対してストレートに気持ちを伝えることをあまりしません。

日本人は素直に感謝の気持ちや、「ありがとう」「愛している」という言葉を伝えることが苦手なので、結婚式の場を使って伝えているのだと思います。

それがなければ気持ちを伝えるタイミングがなかなかないので、一般的になっていったのではないかと思います。


5.キリスト教徒でもないのに、神の前で愛を誓う

これが私が最もおかしいと感じているところです。

もし新郎新婦がキリスト教徒なら別にいいのですが、そうではないのに神に愛を誓うのは理解ができません。

そして、アルバイトで雇われた牧師の前で彼らがキスをするのを、私たちは恥ずかしくて直視することができません。

花嫁は白いウエディングドレスを来てバージンロードを歩きたいという憧れがあるのでしょうが、信仰心のない2人から永遠の愛を誓われた神は一体何万回裏切られてきたのでしょうか。同情の念を禁じ得ません。

以上、5つをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

日本人の私ですら、奇妙に感じることばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました