【あなたの文章力はAI以下?前編】テレワーク時代にますます必要とされる文章力の育て方

えみまる書店

チャットがポエム??

テレワークが進んで、私たちの働き方がどんどん変わってきました。

多くの人がよりコミュニケーションスキルを重視されるようになったと感じています。

メールやチャットなどの文章でやり取りすることもさらに増えたんじゃないでしょうか。

打つのが面倒(口頭で話したら早いのに)
相手の意図がわからない/こちらの言いたいことを上手く伝えられない

対面と違って伝たわる情報が少ないからこそ、より正確に伝える文章力、より正確に把握する力(意図把握力、読解力)が求められています。

これがないと言葉の揚げ足取りになったり、無駄なやり取りが続いてイライラもMAXになります。

ものすごく非効率です。

エリック
エリック

もうチャットじゃなくて、直接話した方が早くね??

危機的な読解力

日本人の読解力がどれだけ危機的か、痛烈に感じる書籍があります。

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子 著

この書籍の裏帯にこうあります。

「大規模な調査の結果わかった驚愕の実態ー日本の中高生の多くは、中学校の教科書の文章を正確に理解できない。多くの仕事がAIに代替される将来、読解力のない人間は失業するしかない」

調査の中で浮き彫りになった深刻な読解力の問題。

問題の正答率の低さはそもそも問題文を正しく読めていないことだ、と。

つまり日常だと会話が成り立たない状態です。

またこの本には、AI時代に残る仕事とその共通点が挙げられています。


それはコミュニケーション能力や理解力、柔軟な判断力(つまりここでも意図把握力)が求められるものばかりでした。

つまりAIが苦手な分野に集中しているのです。

相手の言っていることを正確に理解できない、意図が把握できない人間が、一体どうして自分の考えを論理的に説明したり、文章で表現できるのでしょうか。

意図把握力(文章でのやり取りだと読解力)がない人が仕事ができるわけがありません。

このまま理解力・読解力・意図把握力が低い子供たち(これは大人にも言えることですが)が増えてしまうと、今後どんな未来になってしまうのか。

この本には詳しく述べられており、暗澹たる気持ちになると同時に危機感を覚えます。

日記など自分のためだけに書く文章と違って、仕事で、あるいは日常でやりとりする文章は多くの場合読み手がいます。

この相手の意図を把握する力(読解力)がないとあなたの文章そのものが単独で見ると何も問題がなくても、必ずしも文章力があるとはいえません。

「いや、そういうこと聞いてるんじゃないし」

「いや、それは今大事じゃないよね」

と相手が感じ、話しがズレたりして、コミュニケーションに膨大な時間とストレスがかかってしまうのです。

だから文章力を鍛える前にやることがあるんです。

自分にどれだけの読解力があるのか、読解力がいかに大切なのかがわかる書籍があります。

読解力を鍛えるためのオススメの書籍

『出口汪の「最強!」の論理的に読む技術』

動画では、この本のおすすめの人をお話しています。

お時間のあるときにぜひ~

【あなたの文章力はAI以下?前編】テレワークによってますます必要とされる文章力の育て方(あなたの文章はポエム?)

(後編へつづく…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました