Should you send New Year greeting cards? / 年賀状は送るべき?

emimaru English

Should you send New Year greeting cards?

年賀状(New Year greeting cards) are postcards delivered annually at the beginning of the year to celebrate the new year.


The origin is said to date back to about 1000 years.

Some people couldn’t go to the New Year’s gathering, so the New Year’s greeting card giving started.

In addition to these “good manners,” it also means sending a New Year’s greeting card to inform recipients of your current situation and thank them for last year.

Numbers are printed on the New Year’s card and are used as a winning number for the lottery. 

If a family has lost a loved one within the year, the Japanese will not send a New Year’s card to that family.

Japanese zodiac is often used in designs for New Year’s cards. 

The Japanese zodiac is based on a 12-year cycle.

Each year has a symbolic animal. 2021 is Ox.

This year, 2 million postcards with the “Kimetsu no Yaiba(Demon Slayer)” design have already been sold, setting a new record high for character design of New Year’s postcards.

By the way, there are people who like to write New Year’s cards every year, people who think it is troublesome to write, and people who do not write at all.

Recently, many people use email and SNS instead of sending New Year’s cards.

The total number of New Year’s postcards issued has decreased by 17.4% from the previous year to about 1.95 million, the 10th consecutive year of decline. 

I used to send New Year’s cards, but now I don’t.

Writing a lot of New Year’s cards is hard work for many, especially the elderly, and an increasing number of people are doing “年賀状じまい(Nengajyo-jimai)” to inform others that it will be their last time to send New Year’s cards.

Sending a New Year’s card is one of the customs in Japan.

But the customs are changing gradually, so it’s OK for you to not send New Year’s cards.

年賀状は送るべき?

年賀状は新しい年を祝うため、年の初めに毎年配達されるハガキです。

年賀状の起源は古く1000年ほど前まで遡ると言われています。

もともと年賀状は年賀のあいさつに行きたいけれど、遠くていけない人に挨拶をする目的で始まったものでした。

しかし、このような「礼儀」以外にも、年賀状を送ることで自分の近況報告を知らせたり、昨年お世話になったことへのお礼の気持ちを示す意味があります。

年賀状は、普段はなかなか連絡を取らないけれど、年賀状を出すことで自分が今どうしていて、どこに住んでいるということを相手に知らせることが出来ます。

自分の近況や現住所などの連絡の意義が含まれています。

年賀状には番号が印刷されていて、当選番号として宝くじのために使います。

ただ、家族で誰か亡くなった人がいれば、日本人はその家族には年賀状を送りません。

年賀状には新年の干支がデザインでよく使われます。

干支は12年周期となっています。それぞれの年に動物の名前がついています。

2021年は丑です。

今年は「鬼滅の刃」の絵柄入りはがきがすでに200万枚売れており、キャラクターデザインの年賀はがきの過去最高を更新しています。

さて、年賀状に関して、毎年楽しんで書く人、面倒だと思いながら書く人、全く書かない人など様々です。

最近は、はがきを送らずメールやSNSで済ます人も多いです。

年賀はがき全体の発行枚数は、前年比17.4%減の約19億5000枚と10年連続で減少しています。

私も、昔は年賀状を送っていましたが、今は年賀状を送らなくなりました。

また、特に高齢の人を中心に年賀状を書くことを面倒だと思っている人が多く、今年で年賀状を送るのを最後にすると相手に知らせる「年賀状じまい」をする人も増えています。

年賀状を送るのは日本のひとつの風習ではありますが、あなたは日本人に年賀状を送らなくてもまったく失礼ではないと私は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました