子ども以外に世の中に残せるもの

独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

ネットラジオ音声はコチラ(Stand.FM)

ニウエ

ガイアナ

レソト

ピーコ
ピーコ

「ニウエ」「ガイアナ」「レソト」…

さて、これは何でしょう?

なんだか魔法の呪文みたいですね。

上記の3つは国名です。

ちょっと聞きなれないですよね。

史上初の「核兵器禁止条約」

ニウエは、太平洋はニュージーランドよりもずっと北にある人口1500人程度の小さな国。

ガイアナは、ブラジルと国境を接する南アメリカで3番目に小さい国。

レソトは、周囲を南アフリカ共和国に囲まれた小国。

史上初めて核兵器を「非人道的」で「違法」とする核兵器禁止条約を批准した国々です。

小さな声と声の重なりが、条約発効に必要な50カ国・地域の批准へ大きな力となりました。

エリック
エリック

「核兵器撤廃は絶対にムリ」だと言われている現状からの大きな一歩です

10月24日にホンジュラス国連代表部が批准書委託を確認し、条約は90日後の来年1月22日に発効します。

条約は前文に被爆者の「受け入れがたい苦痛と損害」に留意することを明記。

核の抑止力を意味する「核兵器を使用するとの威嚇」も禁止しました。

一方で、核保有国が交渉に参加しなかったため、具体的な軍縮処置は盛り込まれませんでした。

核保有国は、核の抑止力を国家安全保障戦略の柱に添えており、核兵器の使用をはじめ幅広い活動を禁止するこの条約への参加は難しいです。

日本は、唯一の被爆国として両者の橋渡しをする役割があります。

えみまる
えみまる

被爆国の我が国としても、核兵器の撤廃・軍縮は悲願だよね

3つある「人生で何を残すか」

私は、人間が後世に残すものが3つあると思っています。

それは、①自分の遺伝子、②物体的なもの、③精神的なものです。

自分の遺伝子

これは私には関係がありません。

わたしは生涯独り身ですし、当然子供を産まないからです。

物体的なもの

物体的なものとは、目に見えるもの。

たとえば、建造物やなんらかの商品などです。

私にはこういった「ものを作るスキル」がないので、ムリだと思います。。。

精神的なもの

最後の精神的なものとは、考え方やしくみ、制度、あるいは芸術的なものです。

自分の存在はいつかはなくなり、自分の名前も歴史には残らないでしょう。

でも自分が残したこうした精神的なものが、後世の人や社会に1ミリでも役に立っていたら…

それはとても素晴らしいことだと思います。

私がこのブログのようにネット上に何か残したいと思うのも、そういう気持ちの表れなのかもしれません。

物体的なものと精神的なものは、はっきりとは切り離すことはできません。

たとえば、スペインにサグラダファミリアという世界遺産がありますよね。

サグラダファミリア

あれは建物なので、物体的なものでもあるのですが、今でも世界中の一流の技術者や芸術家がガウディの構想を完成させようと知恵を絞っています。

ガウディの晩年は少し寂しいです。

身なりには無頓着だったようで、最後は浮浪者と間違われ道端で亡くなったそうです。

彼は結婚しておらず、子供がいませんでした。

ですが、ガウディが建築家として残したサグラダファミリアをはじめとした建造物や町並みは、今でも住民の誇りなのです。

あと、1人。

レイチェル・カーソンを挙げたいです。

彼女は、化学物質の危険性について警鐘を鳴らした科学者であり作家です。

弾圧されることを知りながら、未来の子どもたちと自然環境を守るために病苦をおしてペンを握り続けました。

ちなみに彼女にも子どもはいませんが、「精神的なもの」を残した一人だと私は思います。

レイチェル・カーソンについてはコチラの動画がわかりやすいです。

【女たちシリーズ】自然を愛した女レイチェル・カーソン Rachel Carson【ゆっくり歴史実況】

【女たちシリーズ】自然を愛した女レイチェル・カーソン Rachel Carson【ゆっくり歴史実況】

「子どもがいないから未来はどうでもいい」?

核兵器の話をしましたが、それは核兵器は前の時代の厄介な置き土産だからです。

私たちは、過去の遺産の上で生きています。

その遺産が、良い遺産か悪い遺産かは別として。

よく「自分は子どもがいないから、未来のことはどうでもいい」という人がいます。

私はその人の考えを否定はしません。

その人の生き方だから。

ただ、私は「自分が生まれる前より、死んだ後の方が世界が少しだけ良くなっていればいいな」と思っています。

きっとそう思って生きて死んでいったたくさんの人たちがいます。

ちなみに、私が人生の最後で言いたい言葉は「ああ、世界は美しい」です。

ちょっとナルシストですね(恥)

世界は、人生は、美しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました