オンライン英会話って実際どうなの?3年半継続している私がすべて語ります!

えみまる書店
【検証】オンライン英会話って実際どうなの?3年半継続している私がすべて語ります!【オススメ書籍もご紹介】
動画はコチラ↑

こんな不安を持っていました

私はもともと通学型の英会話スクールに通っていました。

先生やスタッフの方々は親切ですし、スクールは明るくて清潔な雰囲気。

ただ、

・受講料が高い

・予約したレッスンに急な残業で行けなくなる

という不満もありました。

そして転勤。

そもそもスクールに通えなくなってしまいました。

前々から気になっていたオンライン英会話。

その時に心配していたこと

・会話でつまった時にどうしよう…

・レッスンは安い方がいいけど、講師は大丈夫?

・話せるようになるの?上達するの?

いろいろ心配はありましたが、悩んでいても仕方がない。

「友人がやっていた」という理由だけで、レアジョブの体験レッスンに申し込みました。

3年半経ってどうなったのか?

レッスン受講回数は250回ぐらいです。

週2~3回のペースで受講していますが、仕事の繁忙期はレッスンを減らしたり、逆に閑散期は多く受けたりしています。

そして、どうなったのか?

私は英検やTOEICなどの資格試験を目的にしているわけではないので、上達が測りにくいのですが、

3年半前:自己紹介がいっぱいいっぱい

現在:英語で動画を作るまでに! 

えみまる
えみまる

私の英語チャンネルはこちらです

emimaru English

分野にもよりますが、自分が言いたいことはほぼ言えるようになってきました。

これだけで英語は完璧にはなりませんが、学習の習慣が身につくきっかけになると思います。

これからオンライン英会話を始めようと考えている方へ

私はレアジョブしか利用したことがないので、レアジョブについて体験談を踏まえて書きますね。

教材や、コース、予約方法などについてはホームページをご覧ください。

レアジョブ英会話ホームページ

どのくらいで上達を感じるのか?

レアジョブによると「レッスン回数が90回を超えるあたりから伸びを感じる」だそうです。

私は人によるかなあ、と思います。

それまでの英語学習歴が大きく影響されるからです。

文法がしっかりできているとか、社交的な人ほど伸びやすいと思います。

ですので、この辺はなんとも言えないです。

私の場合は、90回あたりでは英語を話す恐怖がなくなってきた、という段階です。

講師はどう選ぶ?

趣味や出身学部、職業、ビデオのあるなし等から好みの講師を探しましょう。

私はペット好きの人と話が合います。

なので私のtutor(先生)はなんらかのペットを飼っています。

おすすめとしては、自分の属性と似ているtutorを選ぶことです。

性別・年齢(年代)・出身学部が一緒だと話しやすいですね。

あと、私は必ず「ビデオ対応」の人を選んでいます。

音声だけですと、お互いの表情が見えませんし、ジェスチャーも使えないからです。

ちなみに、フィリピン人講師の発音を心配する方もいらっしゃるようですが、彼ら彼女らは学校教育を英語で受けている人がほとんどです。問題ありません。

自己紹介の仕方

初めての講師の場合は、自己紹介からレッスンがスタートします。

住んでいるところ、仕事、趣味、何と呼んでほしいか、などをあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

たかが自己紹介。

でも、日本語でも自己紹介は意外と難しいですよね。

しっかり用意しておくべきです。

相手をどう呼ぶ?

だいたい自己紹介の時に何と呼んでほしいか、相手が言ってきてくれます。

私は相手をニックネームで呼ぶことが多いです。

本名を短くした呼び方ですね。

tutorは私のことを「emi」とか「emi-san」と呼びます。

レッスンは緊張する!?

最初のレッスンの緊張…

わかります!すごくわかります!

やっぱりなんか用事ができたことにしてキャンセルしようかな、と葛藤がありました。

でも絶対に慣れます。安心してください。

どの会社も最初はお試しレッスンとか無料体験があるはずです。

レアジョブの場合は、2回の無料体験レッスンがありますので、そこで自分に合うかどうかを確かめてください。

パソコン操作について不安がある方は、日本人スタッフによるカウンセリングサポートもあるので、利用してみてもいいかもしれませんね。

レッスンにあると便利なもの

スマホでも受講できますが、どうしても画面が小さいのでやはりパソコンはあるに越したことはありません。

私は最初、カメラとインカムをわざわざ買ったのですが、パソコンに内蔵されているもので十分でした。

何度かレッスンを受けてみて、必要なら買えばいいと思います。

えみまる
えみまる

準備するものはほとんどありません

ただ、オンラインに特化したフレーズ集はあると便利です。

オンラインに特化したフレーズ集は少ない…

「電波の調子が悪いようです」
「パソコン再起動してもいいですか?」
「たぶん宅配便なので、受け取ってきてもいいですか?」

一瞬で英語にできますか?

オンラインでレッスンを受けていると、こういう状況は良く起こります。

パソコンだとまだ調べやすいですが、そもそもパソコンのトラブルを解消するのに追われていたり、宅配便を取りに行かないといけないので、いちいち英語何というか調べているヒマがありません。

特に、スマホですと、画面が小さいので、レッスンを受けながら単語を調べるのはよほどの達人じゃないとムリです。

使えそうなフレーズの部分に付箋を貼っておけば、レッスンを安心して受けることができます。

オンライン英会話のメリットとデメリット

メリット

1.マンツーマンなので目的に合わせた学習ができる
2.時間や場所の制約がない
3.たくさんのtutor(先生)から選べる
※ちなみにレアジョブの場合は6000人いるとのこと

デメリット

1.通信状況がたまに悪い
(これはネットを使っている限り仕方なし)
2.英検・TOEIC対策には不向き
(日本人ネイティブでも日本語文法を論理的に説明できないのと同じ)
3.人気の先生の予約は取りづらい
(お気に入りのtutorを複数名ブックマークしておきましょう)

メリットとデメリットをまとめてみました。

特にデメリットの2.英検・TOEIC対策には不向きについてですが、こういった試験対策は自分で勉強するか、日本人の先生から習う方がいいと思います。

オンライン英会話はあくまでも「コミュニケーション(話す・聞く)」が目的になります。

私の活用法

私は今は英文添削をメインにレッスンを受けています。

私がやっていること

・毎日レッスンを受けるよりも、毎回の予習復習をしっかりして、「学んだつもり」を防ぐ

・Twitterで学びをシェア

・レッスン後は動画を作り、YouTubeとブログで公開

こんな感じです。

学習遍歴は以下です。

実践日常英会話(テキスト)→Daily News Article(デスカッション)→英文添削

えみまる
えみまる

添削を受けながら、よりナチュラルな言い方、より伝わる言い方を学んでいます

スピーキングテストもあります

あなたのスピーキングレベルを測れる「スピーキングテスト」もあります。

数年前は、人間が採点していたようですが、今はAIが採点しています。

サービスに含まれているので、定期的に自分のスピーキングレベルをチェックしてもいいかもしれません。

ただ、私はAI診断になってから一度も受けたことがありません。。

受けることがあれば、記事を更新します。

まとめ

今回は私のオンライン英会話の体験談をメインにお伝えしました。

英語でも仕事でもなんでもそうですが、成果を出すために一番大切なことは「継続」です。

そのためには

・楽しく

・無理なく

・自分に合った方法で

続けることが大切だと考えています。

「友達がやっているから」という理由で始めたレアジョブでのオンライン英会話。

英語習得に近道や一発逆転はないと思います。

これからもコツコツ続けていきたいです。

この記事がオンライン英会話の利用を迷っている方、活用法に困っている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました