Have smartphones increased sleep time for young people? !/スマートフォンが若者の睡眠時間を増やした?!

emimaru English

Have smartphones increased sleep time for young people? !

The sleeping time of Japanese (especially young people) has been increased.

Why has the sleeping time increased?

It is thought that the smartphone is related to the background.

Today, let me talk about the changes in Japanese sleeping habits.

A survey found that the sleeping hours of the young generation in their 20’s to early 30’s has increased by about 10% over the past 10 years to about 8 hours.

According to the survey, in 2009, the average sleeping time of men aged 20-34 was 7 hours and 11 minutes, while in 2019, it was 7 hours and 55 minutes, an increase of 10.2%.

Women of the same age group also increased by 9.1% from 7 hours 19 minutes in 2009 to 7 hours 59 minutes in 2019.


There are two factors to be considered for this phenomenon:

1. They spend more time at home than at work or going outside, so they go to bed earlier.

2. They lie down and fall asleep while using their smartphones.

Let me take a closer look.

1. They spend more time at home than at work or going outside, so they go to bed earlier.

Looking at their bedtime, the proportion of those who sleep by 11:00 pm for men aged 20-34 was 18.6% in 2009 to 34.7% in 2019, and for those women, 30.0% in 2009 to 44.9% in 2019.

There was no big change in the wake-up time, so their sleeping time increased.


2. They lie down and fall asleep while using their smartphones.

Two-thirds of 15-29-year-olds use their smartphones in bed just before sleeping.

Unlike sitting down and watching TV or PC, it is easy to fall asleep when using a smartphone while lying down, so it seems that the increase in the use of smartphones mainly in the younger generation has unexpectedly led to an increase in sleeping time.

By the way, falling asleep while doing something is called “寝落ち” (neochi) in Japanese.

It is an expression that young people prefer using.

I don’t use my smartphone before going to bed because I believe that blue light can disturb my sleeping or damage my eyesight. How about you?

スマートフォンが若者の睡眠時間を増やした?!

日本人(特に若者の)睡眠時間が伸びたという調査があります。

なぜ睡眠時間が伸びたのか?
その背景にはスマートフォンが関係していると考えられています。

今日は、日本人の睡眠習慣の変化についてお話します。


20代から30代前半の若い世代の睡眠時間がこの10年間に1割程度増え、約8時間になったことが調査でわかりました。


記事によると、20~34歳の男性の睡眠時間は09年に平均7時間11分でしたが、19年は7時間55分と10.2%増加しました。

同年代の女性も、09年の7時間19分から19年の7時間59分へ9.1%増えています。

画像1

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18490423/

その原因として考えられていることが2つあります。

1.仕事や夜遊びより自宅で過ごすことが増え、就寝時間が早まった
2.横になってスマートフォンを見ながら眠ってしまう

もう少し詳しく見てみましょう。


1.仕事や夜遊びより自宅で過ごすことが増え、就寝時間が早まった

就寝時刻を見ると、夜11時に既に寝ている人の割合は、20~34歳男性で09年の18.6%が19年に34.7%へ、同女性で09年の30.0%が19年に44.9%へと増加しました。

起床時刻に大きな変化はなかったので、睡眠時間が伸びました。


2.横になってスマートフォンを見ながら眠ってしまう

15~29歳のうち、就寝直前にベッドや布団の中でスマホを使っている人が3分の2に上ります。

座ってテレビやパソコンを見るのと違い、横たわってスマホを使うと眠りに落ちやすいことから、若い世代を中心にスマホの利用が増えたことが、意外にも睡眠時間の増加につながったと見られています。

ちなみに、何かをしているうちに眠ってしまうことを、日本語では「寝落ち」と言います。若者言葉です。


私はブルーライトが睡眠の質を下げると考えているので、就寝前はスマホを使わないようにしています。

あなたはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました