Japanese have longed for being alone!? /実はみんな一人が好き?「孤独のグルメ」「ソロ活女子のススメ」から見るソロ活

emimaru English
Japanese have longed for being alone!? /実はみんな一人が好き?「孤独のグルメ」「ソロ活女子のススメ」から見るソロ活

Japanese have longed for being alone!?(English Script)

It is said that Japanese people are rather reserved in terms of opinions because we prioritize harmony over individuality.

I studied abroad in China when I was a student.

One day a performance competition for international students was held. 

I found the Japanese group was good at team sports, rather than individual sports.
On the other hand, students from other countries seemed to be good at showcasing their individuality.

Japanese people have been educated about group behavior at school. 

For example, we eat the same lunch at the same place and at the same time. 

We clean our classroom together by ourselves.

Though we have the ability to work as a team, on the other hand, there is some pressure to conform with what others are doing. 

And some people have negative thoughts about being alone. 

But these Japanese values seem to be changing. 

For the past few years, dramas that use the theme “enjoy being alone” have become popular.

For example, the drama “「孤独のグルメ」Gourmet of Solitude”.

It’s a very simple story in which the main character has a meal at a restaurant alone every time.

The concept is “It is a luxury to eat what you like alone without consideration for others. “


The drama became a huge hit and became a special television show several times at the end of the year.

Recently, a drama called “「ソロ活女子のススメ」Solo Activity for women” has become a hot topic.

“Solo activity” is an activity in which one person dares to do an activity that would normally be done by two people or a group.

The main character is a woman who works for a publishing company.

She was bound by common sense and old stereotypes.

But she has been gradually released from old values through doing these Solo activities.

The heroine enjoys solo activities as below.

「ソロ焼肉」: Going to eat grilled meat alone

「ソロリムジン」: Dressing up and enjoying the night view of Tokyo on a limousine  alone

「ソロ水族館」: Going to the aquarium alone

「ソロプラネタリウム」: Going to the planetarium alone

「ソロフランス料理フルコース」: Enjoying a full course of French cuisine alone

「ソロ気球」: Riding a balloon alone

etc…

The actress who plays the main character is also popular, and I’ve come to like her since the first episode.

The two dramas I introduced do not deny those who are happy to be with others and those who want to spend time cheerfully with everyone.

It gives a positive message that respects each person’s values and way of life.

These dramas captured the hearts of people like the following:

People who want to enjoy doing something different from others.

People who want to live without being self-conscious about how they look to others. 

People who are tired of being with groups.

実はみんな一人が好き?「孤独のグルメ」「ソロ活女子のススメ」から見るソロ活(日本語訳)

日本人は、自分の意見を通すより周囲との和を重んじると長い間言われてきました。

私は、学生時代に中国に留学していました。

ある日、留学生のパフォーマンス大会が開かれました。

日本のグループは、人として目立つというよりは、チームプレーが得意であることがわかりました。一方で、他国からの留学生は個性を発揮するのが得意だと感じました。

日本人は学校でもみんなで何かをする集団教育を受けています。給食も全員で同じ場所で一斉に食べ、教室の掃除も全員で一斉にやります。

チームワーク力があるとも言えますが、一方で他の人と違うことをしてはいけないという同調圧力になるという負の側面もあります。

この日本人の価値観が変わってきていると感じます。

ここ数年「1人でいることを楽しむ」ドラマが流行っています。

例えば、「孤独のグルメ」というドラマです。

主人公の男性が、毎回飲食店で食事をしているだけの非常に単純なストーリーです。

「誰にも気を遣わず好きなものを1人で食べるのが贅沢」というコンセプトです。

この1人でご飯を食べているだけのドラマが、年末の特番になるほどの人気なのです。

また、最近は「ソロ活女子のススメ」というドラマが話題です。

「ソロ活」とは、本来なら2人かグループでする活動を、あえて1人でやってみる活動のことです。

出版社に勤める女性が主人公です。

「これはこうあるべき」という一般常識や「こうするのが普通」という固定概念に縛られてた主人公が、この「ソロ活」をしながら少しずつ解放されていきます。

主人公はこんなソロ活を楽しんでいます。

「ソロ焼肉」:1人で焼肉屋さんに行って食事をする

「ソロリムジン」:ドレスコートをして、リムジンで東京の夜景をドライブ

「ソロ水族館」:1人で水族館に行く

「ソロプラネタリウム」:1人でプラネタリウムに行く

「ソロフランス料理フルコース」:1人でフランス料理のフルコースを楽しむ

「ソロ気球」:1人で気球に乗る

など…

主人公を演じている女優さんも人気で、私は1話目で大好きになってしまいました。

今回ご紹介した2つのドラマは、他者といることに幸せを感じる人、みんなとにぎやかに過ごしたい人を否定しているわけではありません。

1人1人の生き方を尊重しているポジティブなメッセージなのです。

ただ、これほどこれらのドラマが人気なのは、人と違うことをして楽しみたい、人の目を気にせず生きたい、人といることに気疲れしている人たちの心を捉えているからでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました