実はみんな一人が好き?「孤独のグルメ」や「ソロ活女子のススメ」から見る「ソロ」でいること

独身部屋(独りと一羽の老後に備えるブログ)

ラジオ音声はコチラ(Stand.FM)

「ソロ活」とは?
・本来なら2人かグループでする活動を、あえて1人でやってみる活動のこと
・みんなとワイワイすることが嫌いなのではなく、1人でいることを大切にしている

「ソロ」がテーマのドラマ
・孤独のグルメ…主人公の井之頭五郎(松重豊)が、毎回飲食店で食事をしているだけの非常に単純なストーリーで、「誰にも気を遣わず好きなものを1人で食べるのが贅沢」というコンセプト
・ソロ活女子のススメ…出版社に勤める五月女恵(江口のりこ)が、様々なソロ活に挑戦する。
例)ソロ焼肉、ソロ水族館、ソロリムジン、ソロ気球、ソロラブホ(←?!)

「ソロ活」が支持される理由
・人と違うことをして楽しみたい、人の目を気にせず生きたい、人といることに気疲れしている人たちの心を捉えているから?

ドラマの感想
・2つのドラマは、他者といることに幸せを感じる人、みんなとにぎやかに過ごしたい人を否定していない。1人1人の生き方を尊重しているポジティブなメッセージを発してはいる。一方で、「ソロ活女子のススメ」で、主人公の同僚たちの「独りぼっちだと思われたくない」「1人でいるわけではないという偽装工作をする」という心理が理解できない。

私の「ソロ活」
・外食はラーメンでもお寿司でも1人で平気。出張が多いので、お店は一人で入る。
・ソロカラオケ、ソロ水族館、ソロプロネタリウムはもちろん、ソロ旅もプロ級
・ソロリムジンはぜひやってみたい
・ソロ気球、ソロラブホはご遠慮したい

コメント

タイトルとURLをコピーしました