Soybean meat hit in Japan / 日本でも大豆ミートがブーム 実際に食べてみた

emimaru English
Soybean meat hit in Japan / 日本でも大豆ミートがブーム【実際に食べてみた】

Soybean meat hit in Japan(English script)

Have you ever eaten soy meat?

Soy meat is a processed product that uses soybeans to give it the same taste and texture as meat.

It is characterized by low calories compared to meat.

Soy meat has been spreading mainly in Europe and the United States, for people who do not eat meat for health or religious reasons.

Also in Japan, products using soybean meat have been appearing one after another.

Supermarkets and convenience stores are promoting soybean meat to consumers who are health conscious. 

I love meat and I often eat it, and I wondered whether soy meat has the same texture and taste as meat or not.

I actually tried it. 

Doutor Coffee has a soybean meat hamburger.

They have whole grain bread with soybean meat. 

And the price is 328 yen excluding tax, which is about the same as other Doutor Coffee products.

I decided to take it out and eat at home.

This contains Kinpira Gobo (this is a Japanese dish that is cooked burdock root, carrots, and lotus roots with soy sauce and sugar) with fresh lettuce to have a solid texture. 

It’s like real meat not soybeans. It goes well with Japanese-style tomato sauce.

Next is Mos Burger’s Green Burger.

The feature is that no animal ingredients are used.

The buns are green in color, the taste is slightly sweet, and the texture is fluffy.

This green color is because spinach puree is kneaded into the bread. 

It’s a great amount of vegetables. This is also like eating real meat.

However, while other Mos Burger’s products are in the 300 yen range, this green burger is quite expensive at 538 yen excluding tax.

In addition, Seven-Eleven has sold a hamburger steak made by adding beef to soybean meat. There are two flavors, demi glace sauce and tomato sauce.

Another convenience store, Lawson, sells chili beans that combine soy meat and chickpeas.

Soy meat is also sold at supermarkets.

Next time, I would like to use this product to make soy meat dishes at my home!

日本でも大豆ミートがブーム 実際に食べてみた(日本語訳)

あなたは大豆ミートを食べたことがありますか?

大豆ミートは大豆を使って肉と同じような味や食感にした加工品です。

肉に比べてカロリーが低いのが特徴です。

大豆ミートは、健康や宗教上の理由から肉を食べない人たちを中心に欧米を中心に広がっています。

そして、日本でも大豆ミートを使った商品が続々と登場しています。

消費者の健康志向を背景にスーパーやコンビニなどが商品化を進めています。

私はお肉が大好きでよく食べますが、大豆ミートは同じような肉と同じ味や食感なのでしょうか?

実際に食べてみました。

ドトールコーヒーは、全粒粉入りのパンで大豆ミートのハンバーグをサンドした商品を発売しました。このお値段は税抜きで328円で、他の商品と同じくらいの値段です。

テイクアウトして家で食べることにしました。

新鮮なレタスに加えて、ごぼうとにんじんとレンコンを醤油と砂糖で味付けしたきんぴらごぼうが入っているので、しっかりとした食感です。

大豆ではなく、本物の肉のようです。 和風トマトソースとの相性も抜群です。 

動物性成分を一切使用していないのが特徴です。

パンは緑色です! 味はやや甘く、ふわふわの食感です。

この緑色はほうれん草のピューレが練られているためです。

野菜がたっぷり! これも本物の肉を食べるようです。

しかし、他のモスバーガーの商品は300円台ですが、このグリーンバーガーは税抜き538円とかなり高いです。 

他にも、セブンイレブンは大豆ミートに牛肉を加えたハンバーグを販売しました。

デミグラスソースとトマトソースの2種類の味があります。

ローソンは大豆ミートとひよこ豆を合わせたチリビーンズを販売しています。

スーパーにも大豆ミート製品が売られています。

次回は、この商品を使ってお家で大豆ミート料理を作ってみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました