Japanese Vending Machines /日本の自動販売機

emimaru English

Japanese Vending Machines(English script)

Japanese Vending Machines / 日本の自動販売機

While walking through the street of Japan, many people notice a lot of vending machines.

More than half of them are for drinks.

However, you will find vending  machines for snacks and bread, cigarettes, cup noodles etc. 

I recently saw a mask vending machine.

In total, there are around 5 million vending machines in Japan.

Annual sales amount to about 5 trillion yen.This is comparable to that of Japan’s advertising and mail order industries.

There are about 7 million vending machines in America.

Yet when you think of the population and size of the country, Japan’s ratio of vending machines to people is number 1 in the world.

The number of machines accepting transactions with cards and smartphones is increasing, so there is no need to bring cash.

Among them, green tea and coffee are popular drinks, and there are many types.

By the way, when I went abroad, sweet green tea was on sale, and I was surprised when I drank it.

It is unthinkable for Japanese people to drink sweet green tea.

Vending machine products change every season, you can always find new products to try.

It’s easy to find a warm drink on a cold day, or a cold drink on a hot day.

The prices are almost the same as at convenience stores.

Finally, here is something typical in earthquake-prone Japan.

In times of earthquake disasters, some local governments and drink-vending-machine makers provide the drinks for free in public facilities. 

Regular vending machines can be switched to “free” by remote control.

In an earthquake, we may not be able to carry supplies to the disaster area, so this is a great idea, isn’t it?

日本の自動販売機(日本語訳)

日本の通りを歩いていて、自動販売機がたくさんあることに気づいた人も多いと思います。

半分以上は飲料の自販機です。

しかしながら、スナックやパン、たばこ、カップヌードルの自販機も見かけるでしょう。

私は最近、マスクの自販機を見かけました。

日本にはおよそ500万台もの自販機があります。

年間売上は約5兆円になります。

これは日本の広告産業や通販産業と肩を並べる市場規模です。

アメリカには約700万台あるそうです。

しかし、人口や面積を考えれば、人口当たりの割合は日本が世界一です。

最近ではカードやスマートフォンで決済できるものが増えているので、現金を持ち歩く必要がありません。

飲み物は緑茶とコーヒーが人気で、種類も豊富です。

ちなみに、私は海外に行った時に甘い緑茶が売られており、飲んだ瞬間びっくりしたことがあります。日本では緑茶が甘いということは考えられません。

自販機の商品は季節ごとに製品が入れ替わるので、いつでも新製品を見つけて試してみることができます。

寒い日には温かい飲み物を、暑い日には冷たい飲み物を、簡単に見つけることができます。

値段はコンビニエンスストアとだいたい同じです。

最後に、自身の多い日本らしい話しをどうぞ。

震災時には、自治体や自販機のメーカーの中には、公共施設で飲料を無料で提供してくれるところがあります。

普通の自販機も遠隔操作により「無料」に変更できるのです。

震災時には被災地まで物資を運べないこともありますので、これはすごいアイデアですよね。

参考図書:『音読JAPAN』

コメント

タイトルとURLをコピーしました