Do you have to wear a suit in Japan even in midsummer?/猛暑でもスーツ?

emimaru English

Do you have to wear a suit in Japan even in midsummer? (English version)

Do you have to wear a suit in Japan even in midsummer?

Do you know the word “Cool biz”? in Japanese“クールビズ”

“クールビズ” (cool biz) is a term made up from the words “cool” and “biz” (an abbreviation for business).

It’s the name of the campaign the Japanese Ministry of Environment began advocating in the summer of 2005, as a way to help reduce CO2 emissions and electricity use by turning down air conditioners to 28 degrees in offices.

Generally speaking, we feel hot at 28 degrees that some offices even set the air conditioner temperature lower. 

Relative to this, Japanese companies follow the practice of “Cool-biz” which allows business people to be jacket and tie-free at their offices.

There are also some companies that let employees opt to wear Kariyushi-wear (Okinawan-style shirts), Hawaiian shirts or polo shirts and chino-pants.

On the other hand, some wonder whether this is an appropriate ‘work gear’, and refuse to allow their workers to wear clothing outside of the usual dress code for a corporate or office setting.

In other words, cool biz rules differ depending on the nature of the occupation and the industry of the business.

For instance, wearing a suit or a jacket may seem dignified and respectable in other offices but looks sloppy in regards to your occupation.

When does cool biz occur?

“クールビズ” usually runs from the 1st of June until the 30th of September.

During this period, businesses also encourage workers to dress down by ditching their suits and ties for short-sleeved shirts.

This is in light with the consideration that workers can function and move more comfortably.

Being more practical, “Cool biz” is now popular among Japanese people.

Also, after the Tohoku earthquake and tsunami that happened in March 2011 – which led to many nuclear power plants being shut down and the country having an energy shortage – the government has been promoting “スーパー・クールビズ” (super cool biz).

This upgraded the version of the previous campaign which urges businesses to make more eco-friendly decisions.

This includes but not limits to practices such as turning off all the computers and lights during lunch hours.

Just to share a specific incident, I experienced a big earthquake in Hokkaido on September 6, 2018.

Even at this time, we faced power and energy shortages.

We, therefore, turned off some of the air conditioners and lights in almost all facilities and shops as well as the offices.

At that time, people were already well aware of this eco-friendly campaign.

I hope that the cool biz idea and everyone’s efforts will help reduce environmental issues.

猛暑でもスーツ?(日本語訳)

あなたはクールビズという言葉を知っていますか?

英単語のように聞こえますが、そうではありません。

それはどういう意味でしょうか?

「クールビズ」とは、「クール」と「ビズ」(ビジネスの略)を組み合わせた言葉です。

これは、オフィスでエアコンを28度まで下げることでCO2排出量と電力使用量を削減する方法として、日本の環境省が2005年の夏に提唱したキャンペーンの名前です。

まあ、実際には28度では暑く感じるので、もっとエアコンの温度を下げて設定してるオフィスも多いですが。

クールビズは企業で多く取り入れられており、ジャケットやネクタイを着用せずに出勤して良いです。

近年ではかりゆしウェアやハワイアンシャツ、ポロシャツとチノパンでの通勤も良いとする企業も出てきています。

一方で、一部の人は、これが適切な「作業用具」であるかどうかを疑問視し、労働者がビジネスマン/ビジネスウーマンのために「標準」外の服を着ることを許可することを拒否しました。

つまりクールビズの明確な基準があるわけではなく、職業や働く会社によってルールが異なる場合があります。

職業によってはジャケットを着ていないとだらしがないように思われることもあるからです。

いつクールビスが始まるのでしょうか?

「クールビズ」は通常、6月1日から9月30日まで開催されます。

この期間中、企業はスーツやネクタイを半袖シャツから脱ぎ着ることで労働者に着替えを奨励します。

労働者がより快適に作業できることを期待しています。

クールビスは今や日本国民の間に浸透しています。

また、2011年3月に東北地方太平洋沖地震により津波が発生し、多くの原子力発電所が閉鎖され、エネルギー不足に陥って以来、政府は「スーパー・クールビズ」を推進してきました。

以前のキャンペーンのこのアップグレードされたバージョンは、企業に、たとえば昼食時にすべてのコンピューターとライトをオフにするなど、より環境に優しい決定をするように促しました。

私は、2018年9月6日に北海道の大地震を経験しました。

この時も停電やエネルギー不足を経験し、オフィスはもちろんお店の一部のエアコンや照明がturning offされました。

この時も国民はこのeco-friendlyなキャンペーンをよく理解していました。

私は、このクールビスのようなアイデアと皆の努力が、環境問題を少しでも減らすことにつながることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました