Why do Japanese wear masks even in the middle of summer? /なぜ日本人は猛暑でもマスクをするのか?

emimaru English

Why do Japanese wear masks even in the middle of summer? (English Script)

COVID-19 is still a serious problem all over the world.

How is your area? I hope that it will be settled as soon as possible.

In Japan,  for now (September 2020), there are approximately 73,000 infected people and about 1,400 deaths.

Even before the outbreak of COVID-19, some people in Japan already wore masks if they caught a cold, especially in winter.

It’s more uncommon for people to wear masks in summer, except those who need it at work.

Since the outbreak of COVID-19, it is rare to find people who don’t wear masks.

Whether it be on public transportation, shops, workplaces, or the streets: everyone is wearing a mask.

Winter is fine, but we have a problem in summer.

For example, just last month in Tokyo, the temperature was above 35 degrees for 11 days. It was extremely hot!

For me, who lives in cool Hokkaido, I would not be able to survive such a high temperature!

Under these circumstances, many people get heat stroke every year.

Wearing a mask at high temperature increases the risk of heat stroke.

Some data show that the temperature in the mouth area is 3 degrees higher than when the mask is not worn.

Therefore, the government stated that the risk of heatstroke is higher than the risk of COVID-19 infection, and called for the public to avoid wearing masks if unnecessary.

But most Japanese still keep wearing masks despite the hot weather.

In some countries, wearing masks has become mandatory. On the other hand, it is only advised but not imposed in Japan.

Why?

A group of researchers and professors in psychology at Doshisha University investigated the reason why people wear masks.

According to the survey, ” the prevention of infection” was not the main reason but “because other people wear masks.”

I find that this tendency of doing something “because everyone is doing it” is particularly strong in Japan.

I think that the survey well represents the characteristics of the Japanese people who “care about the public eye”.

The other day,I heard an interesting story from one of my friends.

She went on a trip to Disney World in Florida, USA.

A vast lake stretches from the entrance to the Magic Kingdom.

There was a water electrical parade that night.

At the end of the parade,Stars and stripes were projected.

One of the spectators who saw it exclaimed, “Oh! my God!”, then put her hand on her chest and began to sing the American national anthem.

Then, the surrounding people, men and women of all ages sang together, one after another.

She told me that she was very surprised.

It is a wonderful story, isn’t it?

It’s an unthinkable sight in Japan.

First of all, when you suddenly start singing, you’ll get weird looks from people.

And strangers will definitely not sing with you.

There are good and bad sides to “minding the eyes of others”.

Japanese people are known to follow the rules, which is a good aspect of this.

However, it is difficult to do something out of the ordinary.

There are also risks of excluding people who are different from others making it difficult for diversity to take place.

Today, I talked about the reason why Japanese people wear masks even in the middle of summer.

What do you think?

I think that there are two sides to everything.

なぜ日本人は猛暑でもマスクをするのか?(日本語訳)

いまだ世界中でコロナウイルスが猛威をふるっていますね。

あなたの地域はどうですか?

一刻も早い収束を願ってやみません。

日本では、今日時点(2020年9月)で、感染者は約7,3万人。死亡者は1400人ほどです。

コロナウイルスが発生する前から、日本では特に冬にマスクをする人がいました。

それは、風邪を引いている場合です。また風邪予防のためでもあります。

しかしそれでも、冬にマスクをしている人は1割程度でした。

夏は、マスクをしている人は職業上必要な人を除いてほとんどいませんでした。

コロナウイルス発生後の現在は、マスクをしていない人を見つけるのが難しいです。

公共交通機関、街中、お店、職場、全員マスクをつけています。

冬は良かったのですが、問題は夏です。

例えば東京の8月の気温ですが、今年は35度以上を記録した日が11日ありました。

猛烈に暑いですね。

北海道に住んでいる私としては、生きているだけで精一杯の高温です。

これだけ高温ですと、熱中症になる人が毎年多く出ます。

そんな時にマスクをしていると、余計に熱中症にかかるリスクが高まります。

マスクをするとしていないときよりも口内の温度が3度上がるというデータもあります。

そのため、政府はコロナ感染のリスクよりも熱中症になるリスクが高いとし、国民に無理にマスクをつけなくても良いと呼びかけました。

しかし、ほとんどの日本人がそれでもマスクをつけ続けました。

欧米では、マスク着用を義務化したものの定着しなかったと聞きます。

一方で、日本では強制されることなくマスク着用が定着しました。

なぜだと思いますか?

その理由を同志社大学心理学部教授の研究グループが調査しました。

それによると、マスク着用は、「他者や自身の感染予防」ではなく「ほかの人がマスクをつけているので自分もそうしたい」が一番大きな理由でした。

この「みんながやっているから」という同調傾向は、日本はとりわけ強いと感じます。

「人の目を気にする」日本人の特性がよく表れていると思います。

先日、私の友人から面白い話しを聞きました。

彼女はアメリカ、フロリダにあるディズニーワールドに旅行に行きました。

マジックキングダムのエントランスには広大な湖が広がっています。

その湖で夜になると、水上エレクトリカルパレードが見られます。

パレードの最後は星条旗が映し出されました。

それを見た観客の一人が“Oh!my God!”と言って胸に手を当てて、アメリカ国歌を歌い出しました。

そうすると、いつの間にか周りの老若男女も一緒に大合唱になりました。

これに彼女は衝撃を受けたと話してくれました。

素敵なお話ですね。日本では考えられない光景です。

まず、突然歌いだすと周りから奇異の目で見られます。

当然知らない人同士が一緒に歌いだすということもないでしょう。

この他者を気にする特性は良い面と悪い面があります。

日本人はルールを守ると言われますが、それはこの性質の良い面です。

しかし、人と違うことをしにくい負の面もあります。

自分と異質のものを排除しようとしたり、多様性が生まれにくくなる危険もあります。

今日はマスク着用から見る日本人の特性のお話をしましたが、いかがでしたか?

何事も両面がありますね。

(参考資料)

マスク着用は「みんながしているから」 同志社大の研究グループが調査

(引用写真)

フロリダウォルト・ディズニー・ワールド

コメント

タイトルとURLをコピーしました